携帯電話もパソコンもなかった時代です。

銀行にはメール便というのがありました。

支店からの書類などを本部で集約し、宛先の支店に配送する機能です。

結婚がほぼ決まりかけた時、私は妻に対し最初で最後のラブレターをメール便で送りました。
銀座支店から平塚支店へのメール便で!!

こんな内容だったと記憶しています。

「私にとって、あなただけを一生愛し続けるというのは、困難だけどやりがいのある仕事だと思います。
精一杯頑張りますので、宜しくお願いします。
恥ずかしいので、この手紙を読んだら破棄してください。」

自分の人生の中で最高に有頂天だった時です。

。以下の条件を満たした時、私はすぐ結婚すべきだと考えていました。

  1. 相手を幸せにはできないかも知れないが
    結婚することによって確実に自分が幸せになれると確信できた時。
  2. 直感的に、相手とうまくやっていけると確信できた時。
  3. 理屈ではなく、相手に一目惚れした時。

結婚するなら今しかないと考えたわけです。

そして、明治維新以降の日本で初めてのケースと言われる結婚をしました。
実際、以下をすべて充足する結婚など今後もありはしないでしょう。

  1. 名古屋市西区出身の夫と神奈川県高座郡寒川町出身の妻。
  2. 妻の方からプロポーズ。
  3. 結婚式まで手さえ握ったことのないカップル。

一緒にいる だけで楽しい その人は この世に必ず いると信じて

大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます