午後9時、いわゆる「糞詰まり」のため病院に担ぎ込まれました。

そこは4年前に大腸がんの手術をした病院です。

早速、点滴を打ってもらいながら簡単な検査をしていただきました。
救急車に同乗していた妻も安心して自宅に帰りました。

夜中に、便通があり一安心です。

翌朝、看護師さんに病名を尋ねたところ
「とりあえず、腸炎となっているが正確な病名は主治医から連絡がある」
とのことでした。

「腸炎?
腸に炎症があるから腸炎か?
まさに、その通りだけど
安易なネーミングだな」

と、余裕ぶっこいて、そう思いました。

次の日、主治医が巡回に来ました。
主治医は、私の大腸がんの執刀医です。

「実際の病名は
腸閉塞ですっ!」

前回の退院時に、先生から
そうなる可能性はあると言われていました。

いざ、腸閉塞といわれると、不安になりました。
腸が詰まって、最悪死に至る怖ろしい病気という先入観があったからです。

私の青ざめた顔に気づいたのか先生はこう言いました。

「安心してください。
腸閉塞と言ってもピンからキリまでありますよ。
あなたの場合は、軽い症状なので
1~2週間で退院できます。」

ホッとすると同時に、思いました。
「入院するまでの辛い思いは二度としたくない。
健康になってやる!」

大腸がんで入院した時より、はるかに苦しい思いを経験しました
その日以降、私にとって、

健康とは
便通がスムーズな状態であること

を意味するようになりました。

そして健康が大好きになりました。

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます