2017年7月29日午後5時20分ごろNHKラジオを聴いていました。

健康にまつわる話でした。

お話は、国際医療福祉大学教授・山王病院副院長の奥仲哲弥さんです。
先生の専門は肺がんとのことです。

お話を要約すると以下の3点になります。

  1. 最近の肺がん治療は飛躍的に進歩している。
    手術は開胸といった大掛かりなものより
    胸腔鏡と呼ばれる内視鏡を使うケースが増えている。
    患者へのダメージも少なく、血もほとんど出ない。
    副次的な効果として、血を嫌う女性も外科医になるケースが増えている。
  2. 取り出した組織の病理検査も進歩している。
    組織を細胞の段階で分析するため、患者一人一人に合った治療が可能になりつつある。
  3. もしあなたが
    「診察の結果、がんです。手術しましょうか?」と言われたら
    医師に逆質問してください。
    「先生が私と同じ状態だったら手術しますか?」と。
    医師が
    「もちろん手術しますとも。」
    と言ったら手術しましょう!

 

5年前、私が「大腸がんです」と宣告された時は、それ以外の選択肢はないような感じで手術をしました。
セカンドオピニオンやサードオピニオンという言葉さえ知りませんでした。
結果論としては、手術して正解でしたが。

奥仲先生の話を、偶然ラジオで聞いて少しハッピーな気分になりました。

今度、がん宣告を受けたら、医師に聞いてみよっと。

自信ありげに「当然、私だったら手術しますよ!」と言ってくれる先生を信じることにします。

何といっても
がん家系ですから。

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます