平均、1日1万歩以上歩いています。

  • 最近買ったスマホに歩数計のアプリが自動的に入っていました。
  • 躊躇せず、アプリを削除しました。
  • 間違いなく1日1万歩以上の自信があったからです。
  • 毎日、犬の散歩で約8千歩、警備員の巡回業務で5千歩~1万歩ですから。

ところが、8月5日(土)のYAHOO!ニュースを見て自信をなくしました。

「1日1万歩で健康」は間違い!? 意外と知らない正しいウォーキングを専門家が解説〈dot.〉(AERA dot.) – Y!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170802-00000068-sasahi-hlth #Yahooニュースアプリ

要約すると以下のようになります。

  • 歩数だけ1万歩以上でもダメ。
  • 歩く質(運動の強度)が重要。
  • 中くらいの強度(中強度)が最も効果的。
  • 「低強度」は軽い家事、ゆっくりとした散歩。
  • 「中強度」は速歩きのウォーキング、やや重い家事や山歩き。
  • 「高強度」はジョギングやテニス、水泳など
  • 「適度な歩数で、そのなかに速歩き(中強度)の時間が含まれていれば、多くの病気を予防できる。」
  • 認知症は、歩数が5千歩以上、そのうち速歩き(中強度)の時間が7.5分以上が予防ライン。
  • 7.5分は、継続しても、断続的におこなって合計時間で換算してもOK。
  • 骨粗鬆症やがんは7千歩で15分以上、高血圧や糖尿病は8千歩以上が予防ライン。
  • 但し、運動のしすぎは逆に免疫力を低下させ病気になりやすくなる。
  • 強すぎる運動は活性酸素を増やし、からだの老化を早める。
  • 運動強度はその人の体力や年齢で変わる。
  • 大切なのは自分にとっての中強度を知ること。
  • ほとんどの年代、特に中高年以降の年代の人にとって“なんとか会話ができる程度の速歩き”が、その人の中強度の目安。
  • 個人差のある身体活動をわかりやすく管理するために、活動量計の活用を推奨している。
  • 歩数量計は歩数や運動強度、消費カロリーなど、その人の1日の生活の活動すべてを測るので、より効果的な健康づくりの指針となる。
活動量計

 

今後は、以下に留意して歩きます。

  • 飼犬の散歩は、常時ダラダラ歩かない。
    緩急織り交ぜて、意識して歩く。
    黒柴・次郎のペースに合わせないよう、人間としての威厳を保つ。
  • 警備員としての、巡回業務は速足で歩く。
    もちろん、不審人物、不審物に対する注意は怠らない。

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます