妻に限らず、女性は意味不明なまま怒り出すことがあります。

  • 名古屋市立大学経済学部 同窓会から手紙が来ました。
  • 関東支部を創設するという案内です。
  • 案内状の中に、最近の大学の状況の説明がありました。
  • 「名市大」は大学ランキングで国内14位(780校中)、世界では601位(18,000校中)と発展している。
  • 現在の学長は「公立大学協会」の第35代会長になった
  • 昔は知名度が低く「名市大」といえば「明治大」と間違えられたこともあった。
  • 私は、ここに書いてある内容を自慢げに妻に話し出しました。

「大学なんか関係ないよ」妻の怒涛の進撃が始まりました。

  • 「どんな大学を出ようが、私は大変な思いをしているんだから」
  • 「私に内緒で投資をして失敗し、家まで売ってさ~」
  • 「この年になったら、色々な所へ旅行できると思っていたのが・・・」
  • 「近所の奥さんも『えーっ?そんなことあるの?』って言うしさ~」
  • 「お父さんが高価な『だし』を買い漁っても、趣味だから仕方がないと我慢してるけどさ~」

その矛先は独立した子供にまで向かいました。

  • 「夫婦で一生懸命働いて塾や教室に通わせ3人とも私立大学へ行った。」
  • 「少しは、お金を返して欲しいよね。」

やがて、怒りは収束へと向かいました。

  • 「まあ、それは言い過ぎだけど。」
  • 「ところで、早く買い物にいこうか。」

やはり、妻は次のような感じなんだと思います。

  • 「自分は、将来のことが心配でしょうがない。」
  • 「自分は、ひたすら頑張っている。」
  • 「それなのに、夫は何も考えていない。」
  • 「のほほんと、過去に卒業した大学のことなんか話している。」
  • 「今が大事なんだよ。」

すべて妻のいうことが正しいです。次のように思いました。

  • 「あまり、はしゃいではいけない。」
  • 「かと言って、陰気になるのはもっといけない。」
  • 「さわやかで、微笑ましい家庭を作ろう!」

一緒にいる だけで楽しい その人は この世に必ず いると信じて

大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます