警備員の給料を決める代表的な方法

  • 一回ごとの固定給

    「ある大学の夜間~早朝の決められた時間・決められた場所の巡回で1回1万円」といったケースです。
  • 時給

    「1時間1000円」といったケースです。
    具体例を紹介します
    シフト勤務制です。
    A勤務・・・8:00~翌8:00 拘束される時間は24時間
    時給換算する時間は16時間
    睡眠6時間休憩2時間を控除して24時間ー8時間=16時間というわけです。
    従って、給料は1000円×16時間=16000円になります。
    B勤務・・・17:00~翌8:00 拘束される時間は15時間
    時給換算される時間は8時間
    睡眠時間6時間休憩1時間を控除して15時間ー7時間=8時間というわけです。
    従って、給料は1000円×8時間=8000円になります。

 

ここで時給制の場合における6時間の睡眠時間が問題になります。

  • B勤務者の例です。
  • 今日は23:00に寝て、明日の5:00に起床する予定です。
  • 23:00に寝ようとしたら、施設に不審者が乱入してきました。
  • 警備員には何の落ち度もありません。警備の責任ではありません。
  • 警察への通報その他警備業務を行った結果、結局その日は寝ることができませんでした。
  • 6時間の睡眠はしてませんよね?
  • それでも、その日の勤務時間が8時間というのは不合理です。
  • 勤務時間は上の例で行くと15時間ー1時間(休憩)=14時間となるべきです。
  • この例はやや極端ですが、正当な業務で睡眠時間が2時間程度減ることはよくあることです。
  • この場合は、【8時間+(正当な業務により削られた睡眠時間)】を勤務時間として会社に請求すべきです。

 

この考えを支持する判決が出ているので紹介します。

大阪ガス子会社に是正勧告 警備員の休憩は「労働時間」

8/1(火) 13:36配信

朝日新聞デジタル

 大阪ガス子会社の警備会社の「休憩時間」が、実際には労働時間に当たるとして、淀川労働基準監督署から、未払い賃金を支払うよう是正勧告を受けていたことが分かった。

勧告を受けたのは、大阪ガスセキュリティサービス(大阪市淀川区)。同社によると、警備員の勤務は24時間交代で、休憩時間でも異常があれば委託元に出動することになっていた。労基署はこれが休憩時間には当たらないとした。

労基法は8時間超の勤務の場合1時間の休憩を義務づけている。同社は2年前からの未払い分を支払い、休憩中は出動させないなど働き方も見直すという。

朝日新聞社

 

この仕事 トイレの心配 したくない



高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます