歯医者さんに通っています。

  • 以前通っていた歯医者さんが老齢で休みがちになったので、新しいところに変更しました。
  • ブリッジの調子が悪く、新しい歯医者さんは3回目の通院です。
  • 今日は、ブリッジを自費で治療するか、保険診療をするか決めることになっています。

 

この歯医者さんに初めて行った時、虫歯と歯周病に関して簡単に診てもらいました。

  • 私は、歯科用ユニットのメーカーで営業部長の経験があり、だいたいの歯科用語は理解できます。
  • ここで歯科用語を連発して「どうだ!俺は歯科のことをある程度知っているので、変な治療をするんじゃないぞ」という気持ちがあったんでしょうね。
  • 歯科衛生士さんが「上の歯茎の内側にできものが・・・」と言いかけました。
  • 「そうなんです。舌側(ぜっそく)にフィステルができちゃって困ってるんですよ」と言い返したんです。
  • そこで話が広がっていくと思ったら、先生が来て今後の治療方針について話し始めました。
  • 私は、せいぜい変な患者としか思われなかったかもしれません。

 

そこで、今回の話です。

  • ブリッジを何で作るかということを決定します。
  • 自費の2種類と保険診療と、計3枚のカードを使って説明が行われました。
  • 自費はメタルボンド(現在私が使っているものです。金属のフレームにセラミックを焼き付けたブリッジです。)とオールセラミックでした。
  • 保険診療では銀歯となり、審美性で劣るという説明です。
  • すなわち「保険診療では見た目がわるいですよ!」と言いたいんでしょうね。
  • 「あなたは、今メタルボンドなので今回もそれでいきますか?」という感じで迫ってきました。
  • 私は、きっぱりと「保険でお願いします。」と言い放ちました。
  • 審美性も何も、今の私には関係のないことです。
  • 女性にモテようと思っているわけではありません。
  • 第一、FXで失敗した私に、自費診療をするお金がないのです。

「昔はユニットメーカーの営業部長だった」などと自慢しなくて良かったと思いました。

次回から、この歯科医院で歯のエキスパートを気取ることは、ないでしょう。

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます