映画「恋妻家宮本」予告編

 

吉田拓郎 -今日までそして明日から-

 

「恋妻家宮本」解説

  • 「家政婦のミタ」の人気脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作品
  • 熟年離婚をテーマに、優柔不断の中学教師としっかりものの妻が織りなす号泣・感動作品
  • 喜劇の要素も含まれていますが、それに惑わされないようお願いします

 

「恋妻家宮本」あらすじ

  • 子供の独立により、結婚後27年たってから2人だけの生活を始める宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)
  • こういう場合、何となく照れくさいし戸惑ってしまいますよね?
  • そして、あろうことか陽平は、本棚から離婚届を発見する
  • 妻の記入欄はすべて埋まっており捺印さえもしてあった
  • えっ?まさか?
  • 美代子は何を考え、陽平はどう動いたか?

 

「恋妻家宮本」スタッフ

  • 原作:重松清
  • 脚本:遊川和彦
  • 監督:遊川和彦

 

「恋妻家宮本」キャスト

 

jirosukeの感想

  • この映画
    コミカルな部分
    多いけど
    なぜか私は
    号泣してた
  • 「大切なのは
    正しさよりも
    優しさだ」
    阿部寛さん
    演技最高
  • 駅の場面
    停電終わって
    大笑い?
    こんなに泣ける
    シーンはないです
  • 環境は
    私たち夫婦に
    似ているが
    妻を愛する
    点では負けない
  • 観終わって
    妻の横顔
    覗いたら
    白いハンカチ
    そっと出してた

 

 

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます