警備業務の種類

  • 1号警備業務:比較的大きな施設で事故の発生等を防ぐ業務
    業務内容としては、出入管理、巡回、立哨(立って警戒する)、座哨(座って警戒する)などがあります
  • 2号警備業務:雑踏で行う警備、交通誘導警備
  • 3号警備業務:現金、有価証券、貴金属などの運搬に関する警備
  • 4号警備業務:身辺警備業務とも言い、いわゆるボディーガードのことです

一概には言えませんが、1号警備業務が一番リスクが少ないでしょう

  • 1号警備業務以外経験がないので偉そうなことは言えませんが・・・
  • 2号警備業務:警備業協会からの定期刊行物が回ってきますが、警備員の死亡事故で多いのが交通誘導警備業務です
    不慣れな警備員の誘導ミス、うっかりしての貰い事故などの危険があります
    また業務内容も外での仕事になり、過酷な状況に置かれることが多そうです
  • 3号警備業務:いかにも窃盗団から狙われやすいですよね?
  • 4号警備業務:怖いです

1号警備業務の対象施設を「公共施設」と「一般企業管理施設」に分けてみます

  • 「一般企業管理施設」の代表的なものに、商業施設(ショッピングモールなど)があります
    ここは、盗難・喧嘩・火災などのリスクが「公共施設」より多そうな感じがします
  • 仕事のキツさから見ても「公共施設」の方がラクなような気がします

結論

  • 警備業務に何を求めるかによって違いますが・・・
  • 比較的「事故等のリスクが少なく」「劣悪でない環境」を求めるなら
  • 「公共施設の1号警備業務」がおススメと言えます
  • 但し、給料が減る可能性があるのがデメリットと言えるでしょう
  • 公共施設の警備業務は一般競争入札システムを採用する例が多いです
  • 落札価格が上昇する可能性は少ないからです

参考記事

この仕事 トイレの心配 したくない



高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます