父親が泥酔して言った言葉とは

  • 就職して関東へ行ったのが22歳の時でした
  • 30歳で結婚するまでは、毎年正月を名古屋で過ごしていました
  • 今は亡き父とは、よく一緒に酒を呑みました
  • 結婚の前年に、外で呑んだ時、父が言いました
  • 「女は2種類しか無い。キツネかタヌキだ。」
  • 父は何を言いたかったのでしょうか?
  • 「所詮、女は男をダマすものだ」でしょうか?
  • 「女は、よく見るとキツネ顔かタヌキ顔しかいない」でしょうか?

浄心中学校での初恋

  • 名古屋市西区の城西小学校を卒業して浄心中学校に入学しました
  • そこで、初恋の人「藤本さん」に巡り会いました
  • 犬を散歩している時、児玉プールに泳ぎに行った時など、不思議とよく出会いました
  • 一瞬にして私の直感が働きました
  • 「藤本さんも俺を愛しとる」
  • 高校は別々でした
  • 大学に入って遅まきながらラブレターを出しましたが、返事はありませんでした
  • 藤本さんは、キツネ顔でした

紆余曲折があって、妻と結婚しました

  • こんなに気が合う女性はいません
  • 性格は正反対ですが
  • 血液型は、私がO型で妻はA型です
  • 典型的なタヌキ顔です

私はタヌキ顔の女性と縁が深いです

  • 今年亡くなった母もタヌキ顔でした

天国の父に聞いてみたいです

  • 「お父ちゃん!結局、タヌキが好きだったんでしょ?」

関連記事

  • 最初は、この人を応援していました
  • 自民党と闘うジャンヌダルクというイメージでした
  • 衆院選中に嫌いになりました
  • 「都知事として、やることを先にやってよ」と言う気になったんです
  • 敗れた今、判官びいきの気分になりつつあります
  • やっぱり「緑のたぬき」から目が離せません
  • タヌキ顔とは、深い愛憎で結ばれているんでしょうね

一緒にいる だけで楽しい その人は この世に必ず いると信じて

大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます