睡眠時無呼吸症候群と診断されるまで

  • 歯科用ユニットメーカーの営業部長をしていた頃です
  • 暴飲暴食がたたって、肥満気味となり高血圧と診断されていました
  • 上が140、下が100くらいでした
  • 懇意にしていた取引先の歯科医の娘さんが内科を開業したので、高血圧を診てもらうことにしました
  • 色々問診されるうちに、睡眠時無呼吸症候群を疑られた訳です
  • 簡易検査を受け、その後帝京大学病院に1日入院して本格的な検査をすることになりました
  • そこで、正式に睡眠時無呼吸症候群と診断されました

睡眠時無呼吸症候群の症状

イビキがすごい

  • 妻が言うには
  • ものすごい大きな声のイビキをかく
  • その後、息が止まったかと思えるくらい急にイビキが止む
  • これを繰り返していました

日中、体が異常にだるくなる

  • そして、眠くなります
  • 営業の仕事なのでバレませんでしたが、山手線を5周したことがあります
  • その間、ずっと寝ていました

睡眠時無呼吸症候群の原因

  • 私の場合、肥満により気道周りに脂肪がついて、気道が狭くなったことが直接の原因ではないかといわれました
  • 当時の身長は180cmで体重は85kgでしたからね
  • 何故、肥満になったか?
  • やはり暴飲暴食でしょう
  • 酒を浴びるほど飲み、その後炭水化物を大量に食べてましたから
  • これが諸悪の根源です

次回、私の睡眠時無呼吸症候群が、完璧に治癒した経緯を説明させていただきます

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます