糞詰まり!退院後、習慣化している5つの対処法とは?

退院後18日経過しています

  • 何故か、快便状態です
  • 入院時の地獄の苦しみがウソのようです
  • 但し、いつ糞詰まりになるかわからないという恐怖心は残っています
  • そこで、入院中に女医さん、看護師さんと話した中で、健康全般にも良いと思われる対策のうち5つの習慣を紹介したいと思います

私が、習慣化し始めた5つの対処法

  1. 夜、風呂に入る
    なんじゃそりゃ?と思われるでしょうね
    今までは、朝風呂にしか入っていませんでした
    これは、湯冷めをしない・犬の散歩の後はいればスッキリするなどのメリットがそれなりにあったんです
    但し、痔のためには夜も入るべきだとの意見があったので採用しています
    結果として、夜ぐっすり眠れて、おしっこで夜間目が覚めることもなくなり、痔も引っ込んでしまいました
    但し、デメリットもあります
    風呂に1日2度入ると皮膚の油脂分がなくなり、カサカサに乾いてしまうんです
    そのために、朝は従来通りシャンプー、髭剃り、ボディシャンプーの使用
    夜は、ボディソープでお尻の穴だけをさっとあらうようにしています
  2. 水を1日1.5リットル以上飲む
    以前の記事で毎日1~1.5リットル飲んでいると書きました
    糞詰まりには多めの水分が必要とのことなので、ハードルを少し上げました
    起床時に超硬水のコントレックスを一気に0.5リットル飲みます
    日中は中硬水のエビアンをちびちび1.0リットル以上飲んでいます
  3. 納豆を2日に1回は食べています
    以前の記事でほぼ毎日もち麦ご飯を食べていると書きました
    5年前大腸がんの手術で入院した際、肺のレントゲンで血栓がみつかって、血液サラサラの薬「ワーファリン」を処方されましたが、納豆とほうれん草は食べるなと言われたんです
    その後、血栓は無くなりワーファリンは服用していないんですが、何となく納豆から遠ざかっていました
    しかし、納豆は水溶性食物繊維を多く含み、乳酸菌も含まれるため、糞詰まりには理想的な発酵食品なので、重点的に食べるようにしています
  4. 腸のマッサージ
    これが一番即効性があるようです
    黒柴、次郎は1日2回散歩に連れて行っていますが、その時思いっきり下腹部をマッサージします
    風呂に入っても、激しく腹式呼吸をしつつ、下腹部を押しています
  5. 病院の女医さんから処方された「酸化マグネシウム錠」を夕食後1錠服用
    2週間後、病院の外来で診察を受けます
    可能であれば薬の服用は止めたいですが、どうなりますかね

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます