飼犬との散歩で懺悔って?

  • 「そんな悪いことなんか、やってるの?」とあなたは聞くでしょうね
  • もちろん今はやってませんよ
  • 1年前に2回やっただけなんですよ
  • 妻に告白したら、離婚される可能性のある悪事なんです
  • いつも、やっていたわけじゃないんです

「もったいぶらずに早く言え!」と思われるでしょうね?

  • 毎回じゃないんですよ
  • たった1種類の懺悔とは
  • 「糞の始末をしなかったこと」があるんです
  • それなりに理由がありますから

その理由とは

  1. 草が高く生い茂って糞の所在が確認しづらいから
    次郎の奴、わざわざそういう場所を狙って糞をしやがるんです
  2. 糞は自然に返した方がそのあたりの土壌が改良されるから
    いわゆる、有機農法みたいなものです
    最も、これは言い訳にすぎませんけどね

私が最も懺悔すべきポイントとは

  • つくづく、自分がイヤになってしまいます
  • 次郎が糞をします
  • 私は周囲を確認します
  • 誰もいない場合は、そのまま通り過ぎてしまいます
  • 人や車が周りにいて、見られている可能性がある時、犬の散歩用バッグから犬用糞取り紙をとりだして糞をキャッチする仕草だけして、実際は取らない
  • 人の気配が遠のくまで私は動かず息を殺している
  • あくまで、草深い場所での出来事なんですがね

私が改心して真人間になった理由

  1. 真っ暗な草むらで大きな犬の糞を踏んでしまったんです
    他人に怒る訳にはいきませんよね
    自分もやっていたんですから
  2. 最近自分が糞詰まりになってしまいました
    これも、糞つながりで私が悪事を働いた報いを受けたんです

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます