我が家の中で、恋の三角関係が発生しています

三角関係の構図は以下の通りです

  • 当事者は、私・妻・黒柴 次郎です
  • 私も妻も次郎に恋しています
  • 勿論、プラトニックな恋です
  • 次郎も私や妻を恋しています
  • ところが、次郎は私か妻かどちらかを選ばなくてはならない局面に立たされているのです
  • 以前は断然私が優位なポジションを確保していました

具体的な話をしましょう

  • 私と妻とは、隣り合った別々の部屋に寝ています
  • 半年ほど前から、次郎は人間の布団で寝るようになったんです
  • そして、ほとんどは私と一緒に寝ていました
  • 次郎は私により大きな恋心を抱いていたわけです
  • ところが、1週間前から状況が一変しました
  • 毎日、妻の布団で寝るようになったんです

考えられる理由が5つあります

  1. 最近の糞詰まり騒動で私の将来に不安を感じた
    犬としても、より安心できる人間と寝たい気持ちがあるんでしょうね
  2. 妻が実権を握っていることに気付いた
    犬はだれが1番の序列かは見抜いています
    震度3~4くらいの地震があった時は必ず妻の布団の中に潜り込んでいましたからね
  3. 私の寝相が悪いことに辟易した
    毎晩、布団の中で私に暴れられたらおちおち眠れませんから
  4. 妻の布団の方が暖かいから
    2人とも、敷布団2枚、電気毛布を敷いて、掛布団1枚である点は変わりません
    ところが、寒がりの妻はその上に毛布を掛けているんです
    私は寝相が悪いので毛布を掛けるとぐちゃぐちゃになってしまうので掛けません
    犬も8歳を超えると、寒がりになるのは理解できます
  5. 私の薄汚い根性を察知した
    私は次郎の喜びそうなオヤツのみを与えて人気を得ようとしている
    ところが、妻は犬が生きていくために必要な成分をすべて含んだドライフーズを与えてくれる
    「本当に俺の健康を考えているのはどっちか」を分かっているのかも知れません

当初は私も恨み言を言いました

  • ほとんど毎日、雨の日も風の日も、朝と夕方散歩に連れて行ってくれるのは誰なんだ?
  • 動物病院にクルマで送迎してくれるのは誰なんだ?
  • そもそも、誰の稼いだお金で、お前は生きていられるんだ?
  • お前を風呂で洗ってくれるのは、誰なんだ?

そして、ふと気が付きました

  • そういう上から目線の、押しつけがましい態度が嫌われる原因なんだと
  • 次郎が欲しいのは「絞り出すような魂の恋心」なんだと

恋の敗者となった私が心掛けるべきたった1つのことに気が付いたんです

  1. あくまで謙虚になること
    これです
    「いいよ!好きな妻と毎日仲良く寝ても」
    「俺は無償の愛を貫き、お前たちの邪魔にならないよう生きていくからね」
    「妻にフラれたら、いつでも戻っておいで」
    「その時は、また一緒に寝ようね」

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます