イヤなニュースが飛び込んできました

  • アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、2度と戻らない状態に(ニューズウィーク日本版) – Y!ニュース
  • https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010003-newsweek-int #Yahooニュースアプリ
  • この記事を要約すると以下のようになります
  • アルコールがDNAを損傷してがんのリスクを高めるという研究が科学誌ネイチャーに発表された
  • 東南アジア人はアルコール分解がうまく機能しない人が西洋人より多い
  • アルコールとの関係が特に指摘されているのは、口腔がん、咽頭がん、食道がん、乳がん、肝臓がん、大腸がん
  • そのリスクは、ワインやビール、蒸留酒などアルコールの種類とは無関係で、飲む量についても「がんに関しては安全な飲酒量などない」と断言している
  • アルコール摂取量が少ないほど安全ではあるが

血も涙もない、身も蓋もない記事ですよね?

  • かって、赤ワインが健康に良いという記事を書きました
  • 今回紹介したニュースでは、ワインだろうが蒸留酒だろうが、アルコールは何でもイカンと言ってます
  • 「なんだ、テメエは!嘘ばっかこくな!」と思ってます?
  • ちょっと待ってください
  • そこでも「飲む量は1日グラス1杯が適量」と少量の摂取をおススメしているじゃないですか!

「それなら、テメエは今どう考えてるんだ?」というあなたの質問に答えます

  • この高齢化時代、私は何をやってもいつかがんになります
  • というか、すでに大腸がんを経験しています
  • 祖父は胃がん、父は肺がんでなくなりました
  • 暴飲暴食もせず、酒も飲まなかった母は93歳で胃がんが発見され亡くなりました
  • 好きな酒を断ってまで長生きしようとは思いません
  • 今のところ次の方針で臨んでいます
  • 休日前日は酒を飲む
  • その時でも、350mlの缶ビール1本とお湯割りかロックで焼酎1杯が基本
  • クリスマスイブには酸化防止剤無添加のスパークリングワイン1本を妻と一緒に飲む
  • 妻が酒を飲みたいと言った時は、いつでもとことん付き合う
  • 妻と一緒にお酒を飲むのが、人生で一番の楽しみですからね
  • 人生は楽しむために存在します
  • いくらFXで家を売り飛ばしたとしても、これぐらいの楽しみくらい味わってもバチは当たりませんよね?

心置きなく、一緒にお酒を飲める相手はいますか?

結婚相談所資料を請求し、あなたに一番合った相談所を選びましょう
【婚活費用比較君】

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます