「歩積両建預金」とは?

  • 「ぶづみりょうだてよきん」と読みます
  • 銀行の貸付(手形割引を含む)に関連して、銀行が要請して債務者が作成する預金です
  • 預金と言うものは、本来債務者が自由に使えるものなんですが、これは暗黙のうちに「払い出し禁止」となっている預金です
  • これらを「拘束性預金」とも言います
  • 債務者に対する銀行の優越的な立場を象徴するものですね

昔(40年以上も前のことです)はストレートに銀行が債務者に依頼していたようです

  • 「1000万円の借入申し込みですか?今預金増強運動をやっているので、1500万円貸しますから、500万円定期預金にして下さいよ」
  • 1000万円の手形を割引きますけど、5%の50万円は定期預金にして下さい」
  • 「え?500万円の定期預金解約なさるんですか?そんなこと言わず500万円借りて下さいよ」

私が貸付係(融資係)を担当していた時代には、さすがに露骨な要請はしていませんでした

  • 歩積両建預金は厳しく禁じられていましたから
  • 定期的に大蔵省(今の財務省)による歩積両建預金専門の検査も実施されていました
  • 銀行の本部も独自に支店に出向いて、違反していないかチェックしていました
  • 自分の名誉のために言いますが、債務者に要請したことは一度もありません
  • ただ、より巧妙な方法がとられていたようです
  • 「社長の親戚の名前で定期預金を作ってもらえませんか?」
  • 「従業員の名前でお願いします」
  • 「貸し出したお金はいったん引き出してから、ほとぼりの冷めたころに定期預金をお願いします」

歩積両建預金のタチの悪いところは色々あります

  • 債務者の弱みに付け込んでいます
  • 「銀行の言うことを聞いておかないと、次に貸出してもらえないかもしれない」という心理に債務者を追いやるわけですね
  • 必要のないお金まで借りさせられ、その分の金利負担を強要することになります
  • 拘束性預金は実質使えない預金なので、無駄なものです

ただ、現在はどうなんでしょう?

  • 銀行は構造不況業種とまで言われ、立場は弱くなっているように見えます
  • 「銀行」対「企業」という取引で、こんな要請がまかり通るとは思えません
  • 歩積両建預金は完全になくなっているのでしょうか?
  • これに類する要請を銀行が行えば、それこそ債務者から訴えられる時代になっているのでしょうか?
  • こんな「商慣習」はいつかは消えてなくなるのでしょうね

関連記事

  1. 金融庁が東日本銀行に業務改善命令

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます