元銀行員として、住宅ローンの解説をさせていただきたいと思いました

  • 住宅ローンを借りようと思っている方、すでに借りておられる方
  • 関心があるのは金利でしょうか?金利の支払い方法でしょうか?
  • そこで、以下の記事に出くわしました

非常に役に立つ記事ですが1か所違和感を感じました

複利は、利子が利子を生む

2.住宅ローンは「複利計算」

住宅ローンについては、いろいろとわからないことが多い。利子の計算方法「複利」についてもそのひとつだといえるだろう。

「利子には単利と複利がありますが、住宅ローンは複利。人類最大の発明ともいわれる『利息が利息を生む』という仕組みです」

わかりやすいように、運用で考えてみよう。仮に100万円を運用したとすれば、年利が2%なら、1年後の利息は2万円となる。このとき、単利であれば、2年後は100万円×2%×2年で、利息は4万円。3年目は6万円、4年目は8万円……となる。

これに対して、複利は、利息が元本に組み込まれることが特徴だ。1年目の利息は単利と同じ2万円だが、2年目になると利息を足した102万円に2%の利息がつく。つまり(100万円+2万円)×2%で2万400円の利息、3年目は(102万円+2万400円)×2%で2万808円といった具合に元本が増えていき、それに応じた利息が得られる。

逆に借り入れの場合は、元本を返していかなければ、利息が複利で増えていくことになり、利子を含めた返済額は大きくなっていく。

この、

逆に借り入れの場合は、元本を返していかなければ、利息が複利で増えていくことになり、利子を含めた返済額は大きくなっていく。

という部分が不可解なんです

  1. 複利というのは、利息が新たに元本に加わって金利計算が行われるものです
  2. 住宅ローンという借入で元本が当初の借入額以上になることはあり得ないと思うんですよね
  3. いくら当初の返済が厳しいといっても、利息は必ず支払うはずです
  4. 銀行がお客様に「最初の5年間は元本・利息は払わなくても結構です。そのかわり利息分は元本として増えていきますよ」などと言う訳がないと思うんです
  5. 従って、住宅ローンの金利は後払いの単利計算だと思います
  6. 住宅ローンの返済表を見ていただいても、元本が増えているところなどないと思いますよ!!
  7. あるいは、本当に複利の住宅ローンが誕生したんでしょうか?

えっ?複利でも単利でもいいじゃないか?言葉遊びばっかやってんじゃねえよ!ですって?

失礼しました

本題についてはのちほどということで

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます