ウナギとのつきあい

就職するまでウナギは食べられませんでした

厳密には小学生の時、一度だけ食べたことがあるんです

  1. 母がウナギのかば焼きを夕食に買ってきました
    家でうな丼にして食べました
  2. 私は、ウナギそのものがグロテスクでイヤでした
    大嫌いなヘビを連想してしまうんです
    イヤイヤ食べたんですが、その後ジンマシンが出てきました
    ジンマシンは精神的苦痛を味わっても出てくるものなんですね
  3. それ以来、ウナギはNG!

就職してからウナギが大好きになりました

  1. 銀行の銀座支店に勤務していた時、上司に近くのうなぎ屋に連れていかれました
    ヘビを連想することなく、銀座のウナギを食べました
    小学生に食べた時と感触が違うんです
    ほくほくして柔らかくとてもおいしかったです
  2. ウナギのかば焼きには関西風と関東風があることを知りました
    名古屋で食べたのは関西風
    どちらかというと、やや硬めの皮と、脂がのっている感じがしました
    母は「関西風しか食べたにゃあ」というくらいのファンでした
    銀座で食べたのが関東風
    私に言わせると、上品な味で、こちらの方が好きです

今までのは、すべて国産ウナギの話です
中国産のウナギなど、日本には登場していなかった時代です

ところがどうでしょう

家の近くのスーパーでは、一時期ほとんどすべてのウナギが中国産でした

去年の夏、中国産と国産(そこでは鹿児島産でした)が半分半分でした
国産の方が高かったのですが、無理してそっちを買いました
それで、正解だと思わせる記事が登場しました

  1. 中国人も「これは工業用だ」と絶句。戦慄の「ホルマリンウナギ」
  2. 週刊文春記者が見た!  危険すぎる中国産食品#4
  3. 引用:文春オンライン

記事を要約すると以下のようになります

「ホルマリン使用疑惑ウナギ」養殖現場への潜入ルポです

公然と使用されていた「猛毒」マラカイトグリーン

  1. 2005年、合成抗菌剤マラカイトグリーンが中国産ウナギから検出された
    マラカイトグリーンとは、発がん性が指摘されている「猛毒」
  2. 中国産ウナギへの不信感は瞬く間に日本全土へと広まり、輸入時の検査も厳格化された
    その後も違反は後を絶たない
  3. 中国の養鰻(ウナギの養殖)業の中心地、広東省へ向かった
    養殖用の薬剤を売っている店にいくと「そんなにマラカイトグリーンが欲しいなら金魚屋に行ってみれば」と言われ、金魚屋へ向かった
    棚に並んだマラカイトグリーンを手に取り、「ウナギに使っていいか」と尋ねてみた。
    「ダメだ……。でもどうしても使うなら少なく入れれば大丈夫だ。2~3週間たてば食べられるようになる。でもキツい薬だからな。気を付けろよ」との返事

養鰻池で発見した「ホルムアルデヒド溶液」

  1. 次に佛山市の高明区にある日本向け養鰻会に向かった
  2. そこに「甲醛溶液」と書かれた直径30センチ、高さ40センチほどの円筒状の青い容器が20個ほど置かれていた
    それはホルマリンであった
    かつては日本でも養殖に使用されていたが、マラカイトグリーン同様に発がん性が指摘されており、現在は禁止されているはず
  3. 責任者にホルマリンの件を聞いてみたが、「大丈夫だ」と「帰ってくれ」を繰り返し、調べようもなかった

「これは工業用だ。養殖には絶対使っちゃいけないよ……」

  1. 次の目的地は台山市の養鰻業者
  2. 社長に、昨日見たホルマリンのことを尋ね、写真を見せると、次のように答えた
    「これは工業用だ。養殖には絶対使っちゃいけないよ……」
    「まだこんなものを使っているのは小規模のところだろう。こういうところは買ってお金を渡したら逃げてしまうぞ。だから我々のような大きいところと取引した方がいい」

以上です

結局、「中国産ウナギは安全か?」という問いに対して

  1. 分からないと答えるしかないです
  2. 安全かも知れないし
  3. マラカイトグリーンが入っているかも知れないし
  4. ホルマリンに漬け込まれたウナギかも知れません
  5. 私見としては次のようになります
  6. 中国産ウナギからは遠ざかったほうがいいでしょう!!

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます