名古屋の鶏肉は美味しいです

名古屋コーチンというブランドがあります

  1. 値段が高いので滅多に食べられません
  2. だけど、名古屋コーチンのすき焼きや水炊きはどえりゃ~美味しかったです
  3. 噛めば噛むほど、ジワーッとくる美味しさです

話は変わります

私は、名古屋市西区の浄心と言う商店街の近くに住んでいました

  1. 浄心は市電があった時代の始発駅で小さな繁華街でした
  2. 正月やお祭りの時期には、露店が並んでにぎわっていました
  3. そこでの私の好物は土手煮でした
  4. 甘く味付けした赤みそ(豆味噌)の中にくしに刺した肉を入れてぐつぐつ煮たものです
  5. ただ、その肉が牛か豚か鶏かは覚えていないんです
  6. 私は、友達の悪ガキどもに恐怖を与えるのが好きでした
  7. 「おい、あの肉よ~、犬の肉だぞ!」「ひょっとしたら、ネズミかも知れん」などという話を拡散させた記憶があります
  8. ところが、そんな話を気にする奴はいませんでした
  9. 正月のお年玉で、肉をいっぱい食べられるだけで皆、幸せでしたから

また話は変わります

大人になって、関東に住むようになっても、なぜか鶏肉だけは国産にこだわりました

ブラジル産も見かけることはありますが、食指は動きません

最近、こんな記事を読みました

  1. 中国人も「食べたくない」驚愕の成長ホルモン漬け“速成鶏”
  2. 週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品 #7
  3. 引用:文春オンライン

記事の概要は以下の通りです

中国における鶏肉事件

  1. 2013年1月、抗生物質や成長ホルモン剤を過剰に投与した鶏肉が、上海にあるケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗で使用されていたことが判明
  2. 河南大用グループという、中国の大企業が、病死した鶏肉を中国国内のマクドナルドやKFCなどに卸していた
    日本マクドナルドも、製品の一部に河南大用の鶏肉を使っていた

中国の養鶏産業の実態

  1. 記者は山東省の省都・済南市に向かった
    案内のタクシー運転手は、かって養鶏事業をやろうと試みたので詳しかった
    彼は、成長ホルモンなどを過剰に投与したブロイラー“速成鶏”は決して食べないという
  2. 中国では、成長ホルモンや抗生剤などの薬漬け鶏肉が出回っているとのこと
  3. 養鶏場を訪問
    入り口には、鶏の死骸が8羽ほどあったが「犬のエサとして売れる」と気にもしていない
    1つのゲージには6~12羽ほどの鶏が押し込められており、急激な成長のせいか、十分に羽毛が生えそろわず、地肌が見えている鶏もいた

日本における中国産鶏肉の輸入

  1. 2004年以降、日本は中国産のブロイラー(生肉)を輸入していない
    但し、加熱処理した鶏肉「鶏肉調製品」は輸入している
    鶏肉調整品とは、から揚げやチキンナゲット、焼鳥などのこと
    これらの輸入量では、中国産とタイ産が突出して多い
  2. 輸入された鶏肉調製品の大半は、外食産業で消費されている
    飲食店では、その鶏肉が中国産とは表示されていない
    飲み屋で食べる焼き鳥、スーパーやコンビニで買う唐揚げやチキンナゲット、等々
    知らず知らずのうちに日本人が食べていることになる

その昔、名古屋の浄心通りの露店で食べた土手煮など何も怖くないです

  1. 私が、ウソをついただけの話ですから
  2. まさかとは思いますが、たとえそれが犬やネズミであっても、私の体には残っていません
  3. ところが中国産の速成鶏は、この先いつ私に襲いかかって来るか分かりません
  4. 居酒屋やスーパー、コンビニは今後もやっかいになります
  5. 過去は恐くないけど、現在と将来が怖いんです

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます