加工肉は危険!?

加工肉とは?

読んで字のごとく加工された肉のことです

  1. ハム
  2. ソーセージ
  3. ベーコン 等々

姉は薬剤師ですが、大学生の頃、「ハムやソーセージは、あんまり食べん方がええよ」と言っていました
「理由は、あんたに言ってもわからないけど良くない薬が入っとるからね」と、私をバカにしつつ・・・

まずは、加工肉の原材料を見てみましょう

妻がポトフ用に買ってきたウインナソーセージの原材料です

  1. 豚肉
  2. 豚脂肪
  3. 砂糖
  4. 還元水あめ
  5. 香辛料
  6. たん白加水分解物
  7. 食塩
  8. 調味料(アミノ酸)
    過剰摂取によって、顔面の圧迫感、倦怠感、手足のしびれ、痛風、緑内障の危険性が指摘されています
    高温で調理された場合、肝臓がん、大腸がん、脳しゅようの原因となる発がん性物質Glu-P-1が発生する恐れがあります
  9. リン酸塩(Na、K)
  10. 保存料(ソルビン酸)
  11. PH調整剤
  12. 酸化防止剤(ビタミンC)
  13. 発色剤(亜硝酸Na)
    原材料の最後に目立たないように書いてある、亜硝酸Na(ナトリウム)が危険性No.1と言われています
    まず、発色剤とは、肉の持っている赤い色素を安定化させる効果をもっているものです
    従って、色を付ける着色料とは違います
    この亜硝酸Na(ナトリウム)は、食肉の中にあるアミンと反応して発がん性のあるニトロソアミン類に変化する可能性が指摘されています

小さい時から、加工肉は大好きでした

中学生の時は、母にお願いして毎日ウインナソーセージを弁当に入れてもらいました

加工肉の危険性を意識し始めてから以下の点に留意しています

  1. 妻が大好きなポトフを作る時以外は、加工肉を極力食べないようにする
  2. 「ハムやソーセージには、良くない食品添加物がたくさん入っているらしいよ」と妻に牽制球を投げる
  3. 「ハムやソーセージは塩分が多いから、あまり食べない方がいいらしいよ また高血圧になったら大変だでね」と妻にささやく

関連記事

  1. 食品添加物の危険性を知るための基礎
  2. 無調整豆乳と調製豆乳 原材料名だけから見た違いとおススメはどちら?
  3. 缶コーヒーは悪魔の飲み物か?
  4. 医学的に「健康に良い食べ物」は、5つしかない!?

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます