認知症と物忘れの違い

  1. 体験
    投稿一覧物忘れ⇒体験したことを、だいたい覚えているけど、一部忘れている
    認知症⇒体験したこと自体を忘れている
  2. 最近のこと、昔のこと
    物忘れ⇒昔のことを忘れる
    認知症の可能性が高い⇒最近のことを忘れてしまう
  3. 忘れたことの自覚性
    物忘れ⇒忘れたことを認識している
    認知症⇒忘れたことを認識していない

認知症テストを自分でやってみましょう

「自分が認知症かどうか」は分かりにくいです

ただ、そんな疑問を持つのはまだ認知症ではないと思いますがね

鎌田實先生が教えるチューリップテストを紹介します

  1. 両手の親指と親指、小指と小指、手首をくっつけて、「チューリップです」と言う

    これは、認知症患者でもできます
  2. 手を離して、今度は左手の親指と右手の小指、左手の小指と右手の親指をくっつける

    認知症患者はこれができません
    認知症は、空間を認知する能力や実行する能力がないということです
参考記事

認知症を簡単にチェックする“チューリップテスト”のやり方
引用:NEWSポストセブン

認知症のリスクを低減させる方法を鎌田實先生が分かりやすく説いています

  1. 運動をする
    アメリカの大学の研究論文によると、週4回以上ウオーキングをしている人は、認知症のリスクが40%下がったという
    先生は、週2回ジムに通い、毎日スクワットをしているそうです
    冬は早朝スキーで3~4キロのダウンヒルを計5本!
    私は、1日2回延べ2時間の柴犬散歩と警備員の巡回業務延べ2時間をこなしています
  2. 軽い糖質制限
    アルツハイマー病の原因は、脳細胞の慢性炎症も関係していると言われています
    慢性炎症を防ぐ抗酸化力の高い野菜を食べることが大事です
    先生はトンカツや焼き肉の時は糖質制限をして、米を食べないとのことです
    そんな時、私も米を食べないようにしていますが、焼酎などの蒸留酒をがぶ飲みしています
    これでは、元も子もないですよね?
参考記事

認知症にならないために/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(3)>
引用:日刊スポーツ

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  4. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  5. スクワットのやり方とは
  6. 粗食は健康に良い?
  7. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  8. コレステロールとは何か
  9. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  10. 運動不足を解消!
  11. オーラルフレイルとは?
  12. 認知症 予防の方法
  13. デジタル認知症とは
  14. デジタル認知症の症状と予防
  15. テストステロンとは
  16. 孤独感を感じたら
  17. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  18. 睡眠をしっかりとるために
  19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  21. 怒りを鎮める方法
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます