運動が体に良いと言われていますが

  • 全ての運動が健康に良いとも言えないです
    例えば、過激すぎる運動は、かえって不健康だとも言われます
  • お金が物凄くかかる運動も良くないです
    お金のほとんどない私にとっては、心の健康に良くないです
  • 手軽さ、健康に良いという意味ではやはりウオーキングの右に出るものはないでしょうね

ウォーキングの4つの効果とは

これは、「運動の4つの効果とは?」と言い換えることも可能です

昨年11月に糞詰まりになってから意図的にウォーキングを増やした私にとっての4つの効果を列挙します

  1. 排便がスムーズになります
    これは、こじつけではありません
    もちろん食生活にも注意していますが
    腸がよく動くような気分になり排便パワーがアップしたように感じるんです
  2. 頭がすっきりします
    ウォーキングの後は気持ちが前向きになります
    自分のブログがなぜ読まれないのだろうなどとクヨクヨしなくなります
  3. 入眠時間が短くなります
    適度な疲れと飼犬と一緒に寝る心地良さからすぐ寝てしまいます
    日中眠くなることも少なくなりました
  4. 体も軽くなります
    摂取カロリーより消費カロリーが大きくなればダイエットにもなりますよね

鎌田實先生がいみじくも次のように述べておられます

体にも頭にも効く「貯筋」/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(5)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 運動の効果
    血糖値が下がる
    血圧が下がる
    がんになりにくい
    認知症になるリスクが下がる
    ウォーキングをしている人は、うつ病になりにくい
  2. このようになるのは、マイオカインという筋肉作動性物質が原因ではないかと言われ始めている
  3. メタボリック症候群を改善してくれるアディポネクチンという物質が、筋肉からも分泌されることがわかり、これもマイオカインの一種
    この物質が脳の海馬の神経細胞を増強し、頭のひらめきをよくしたり、記憶力をよくしたりする
    アディポネクチンが出ることにより、内臓脂肪が減っていくので、メタボの改善にもなる
  4. 10年前、先生は「ちょい太でだいじょうぶ 」(集英社)という本を出し、その中で「鎌田式スクワット」を勧めている
  5. その後、体重は80キロにせまり、「ちょい太」どころではなくなった
  6. 先生はスクワットとウォーキングを本気で始め、9キロの減量に成功
    ウエストも9センチ縮まって、ズボンも直し、鎌田は若返ったと言われた
    次回は、「鎌田式スクワット」を紹介する

この記事の読後感想文

  1. 私の場合、運動=ウォーキングですが、これほど効果があると怖いですね
  2. 糞詰まり以降、意図的にウォーキングを増やしたと書きましたが、内容は以下の通りです
  3. 飼犬・次郎の散歩を1日2回、延べ2時間以上行う
    次郎は9歳の老犬ですが元気です
    彼は、6通りの散歩コースを持っていますから行く場所に困ることはありません
  4. 警備員としての巡回時間をウォーキング時間として有効に活用する
    1日平均1時間以上、早めに歩いています
    早めと言っても、不審人物・不審物には十分な注意を払っていますよ
    少ないですが給料を貰い、かつ健康に資する警備員と言う仕事を死ぬまで手放すことはないでしょう
  5. 早く、鎌田式スクワットを会得したいです
    そうなれば、私の人生バラ色に染まるでしょう

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. スクワットのやり方とは
  6. 粗食は健康に良い?
  7. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  8. コレステロールとは何か
  9. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  10. 運動不足を解消!
  11. オーラルフレイルとは?
  12. 認知症 予防の方法
  13. デジタル認知症とは
  14. デジタル認知症の症状と予防
  15. テストステロンとは
  16. 孤独感を感じたら
  17. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  18. 睡眠をしっかりとるために
  19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  21. 怒りを鎮める方法
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます