肉は健康に良いのか?悪いのか?

肉が好きでした

  • 子供の頃、一番好きだったのは「かつライス」でした
    年に2~3回、家族で日帰り旅行をしていました
    帰りにレストランへ行くのが一番の楽しみでした
    「かつライス」以外に注文した記憶がありません
  • 特に脂っぽい肉が好きでした
    具体的には、豚のばら肉です
    柔らかくて、脂っぽくて・・・最高です
  • ばら肉の常夜鍋やしゃぶしゃぶがいいですね
    常夜鍋の作り方は以下の通りです
    土鍋に水と酒を半々に入れて沸騰させる
    ばら肉を入れ、しばらくしたらほうれん草を入れる
    充分火が通ったらポン酢でいただく
  • 普段はその日に食べきってしまうんですが
    場合によっては翌日まで残ることがあるんです
    ばら肉の脂分が白く固まっていました
    「あれ?なんか健康に悪そうだな」と思ってしまいました
    「この脂が俺の体の中に滞留しているのか?」
  • それ以来、どうしても肉が食べたいと思うことがなくなりました
    普通に肉を食べている、という感じです
    納豆のような植物性たんぱく質や魚をよく食べるようになりました

鎌田實先生はこう仰います

「肉は健康の敵」はウソ/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(8)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. タンパク質が介護予防の鍵
    「高齢社会白書」(内閣府、平成29年度版)によると、75歳以上の要支援と要介護の人は32%。
    3人に1人の割合で、だれかの世話が必要ということ
    介護が必要になった主な原因は「脳血管疾患」が約17%
    次いで「認知症」が16%、「虚弱」が13%、「関節疾患」が11%となっている
    これらを防ぐために、共通して大切な栄養素は、肉や魚、牛乳、豆などに含まれるタンパク質である
  2. 日本人に多い脳血管疾患は、タンパク質を中心とする栄養不足が原因で起こる
    認知症は、脳血管疾患を予防することで血管性認知症の予防ができる
    虚弱はタンパク質などの栄養不足によって筋力が低下し、動けなくなる状態
    運動機能が低下するロコモ症候群も、筋肉や骨をつくるタンパク質がカギを握っている
  3. 有名な日野原重明先生は、昨年105歳で亡くなる直前まで元気だった
    彼はステーキが好きだったが、これが元気の秘訣だと鎌田實先生は思っている

私の結論

  1. やっぱり肉は健康に良い
    というか、健康に必須の食べ物です
  2. 但し、無理してばら肉を食べる必要はない
    脂っぽいのが苦手な人(愛妻がそうです)はもも肉を食べればいい
  3. むしろ、肉にこだわらず色々なタンパク質を順番に摂取するのが望ましい
  4. 過ぎたるは猶及ばざるが如し
    肉ばかり食べるのも良くない
    特に私は糞詰まりを避けるべく水溶性食物繊維を効率よく摂取する必要がある
    最後はここに落ち着きます

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. コレステロールとは何か
  9. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  10. 運動不足を解消!
  11. オーラルフレイルとは?
  12. 認知症 予防の方法
  13. デジタル認知症とは
  14. デジタル認知症の症状と予防
  15. テストステロンとは
  16. 孤独感を感じたら
  17. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  18. 睡眠をしっかりとるために
  19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  21. 怒りを鎮める方法
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます