生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは

生活習慣の改善に関する私の歩み

  1. 以前は、「自分でもわかっている悪い生活習慣は、なるべく改善しよう」と考えていました
    「どうしても、今すぐ改善しなくては」という考えはありませんでした
    それだけ、深刻な状況にはなかったということです
    例えば、暴飲暴食です
    「暴飲暴食をしていても、それなりに健康だからまあいいや」と思ってたんですね
  2. ところが、私の体も経年劣化しはじめたんです
    肥満、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などになりました
    「それでも、日常生活に支障をきたしていないから何とかなるだろう」とタカをくくっていました
  3. そのうち、決定的なダメージをこうむったんです
    大腸がんになって、がんの摘出手術を受けました
    幸い、ステージ1で5年経過しても再発していないですけど
    これには、まいりました
    やむなく、暴飲暴食という最悪な生活習慣はやめました
    というか、暴飲暴食するパワーがなくなったと言うのが真相です
  4. おかげさまで、ほかの悪い症状も雲散霧消です
    肥満!高血圧!睡眠時無呼吸症候群!
  5. その後、大きな病と言えば、「糞詰まりで2回入院した」ことでしょうか

私の尊敬する鎌田實医師は、生活習慣改善のポイントは4つあると指摘しています

参考記事

生活習慣改善で薬は止められる/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(10)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 生活習慣改善のポイントは以下の4つ
    【1】野菜
    【2】減塩
    【3】運動
    【4】減量
  2. これで多くの人が血圧をコントロールできる
    生活習慣の改善をしても、血圧をコントロールできない人には慎重に薬を処方する
    薬には、脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らす効果があるから
  3. 生活習慣を改善すると薬が必要なくなることがある
    ただし、自己判断で薬を止めるのはダメ
    血圧が安定していることの確認が必要
  4. 降圧剤を飲んでいても血圧をコントロールができないケース
    睡眠時無呼吸症候群などの疑いがある
    血圧が急上昇する血圧サージは脳卒中のリスクが高い
    血圧が日によって上がったり下がったりする変化も、認知症リスクが高いといわれ、注意が必要
    血圧の変動が激しいタイプは、薬でコントロールするのが難しく、むしろ食事や運動、減量など本気で取り組むことで良くなることが多い
  5. 人生100年時代を生き抜くためには血圧の安定はとても大切

読後感想文

  1. 一度高血圧になった身なので、降圧剤を飲み続ける恐怖感はもうイヤ
  2. 高血圧、糞詰まりに悪い生活習慣を発見したら即、改善に努めます

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  9. コレステロールとは何か
  10. 運動不足を解消!
  11. オーラルフレイルとは?
  12. 認知症 予防の方法
  13. デジタル認知症とは
  14. デジタル認知症の症状と予防
  15. テストステロンとは
  16. 孤独感を感じたら
  17. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  18. 睡眠をしっかりとるために
  19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  21. 怒りを鎮める方法
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます