遺伝は怖いです

がん家系の系譜

がんで死にました

  1. 祖父は胃がんで
  2. 父は肺がんで
  3. 母は胃がんで
そして私は6年前に大腸がんになりました
多分、がんで死ぬでしょう
そんなことでウジウジしている私に活を入れる連載が始まりました

参考記事

遺伝や宿命に支配されるな/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(1)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 現役医師ならではの視点や最新データを交え、おなじみの“鎌田節”で長生き時代の健康を考える
  2. 「がんの家系だから自分もがんになるのではないか」と心配という声を時々聞く
  3. 鎌田實先生の血筋は糖尿病家系
    2型糖尿病は、遺伝的要因が64%といわれている
    先生のお父さんは、、糖尿病から透析を受け、脳卒中で亡くなったとのこと
    だから先生は糖尿病になる可能性が高い
  4. ストレス・喫煙に注意しよう
    糖尿病の遺伝子やがんの遺伝子があっても、必ず糖尿病やがんになるわけではない
    しかし、ストレス、喫煙、運動不足、老化が加わると糖尿病やがんの遺伝子が働き出す
  5. 慢性炎症が寿命を縮める
    糖尿病では血糖値が上がるため、慢性炎症が起こりやすくなる
    がんの発生にも認知症にも慢性炎症が関係しているといわれている
  6. 遺伝子に負けない生き方
    長野県は長寿県になった
    その健康づくりを応用して、病気になりやすいはずの鎌田が遺伝や宿命に負けないために運動や食事の注意を始めた
    何をすればいいか連載で考えていく
  7. 鎌田實(かまた・みのる)
    1948年(昭23)6月28日生まれ、東京都出身
    東京医科歯科大医学部卒
    長野・諏訪中央病院院長で「健康づくり運動」を実践
    脳卒中死亡率の高かった長野県の長寿日本一に貢献した
    04年からイラク支援を始め、小児病院へ薬を届けたり北部の難民キャンプ診察も続ける
    「がんばらない」「だまされない」など著書多数

感想です

  1. 何で死のうが構わないと思い始めています
  2. とにかく、健康寿命を全うしたいです
  3. そうすれば、苦しまず家族や周りの人にも迷惑をかけずに逝けると信じています
  4. 先生の提唱する「ピンピンコロリ」を理想として生きていきます

関連記事

鎌田實医師の健康連載

    1. 慢性炎症とは
    2. 認知症テストをやってみましょう
    3. 動脈硬化を予防する食べ物とは
    4. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
    5. スクワットのやり方とは
    6. 粗食は健康に良い?
    7. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
    8. コレステロールとは何か
    9. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
    10. 運動不足を解消!
    11. オーラルフレイルとは?
    12. 認知症 予防の方法
    13. デジタル認知症とは
    14. デジタル認知症の症状と予防
    15. テストステロンとは
    16. 孤独感を感じたら
    17. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
    18. 睡眠をしっかりとるために
    19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
    20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
    21. 怒りを鎮める方法
    22. 減った男性ホルモンを増やすには
    23. ドーパミンとは
    24. ヘルスリテラシーを高めよう
    25. 医療に関する終活とは
    26. 無駄な医療!?
    27. 妻のために生きる
    28. 多死社会の中の「自分の死」とは
    29. 延命治療を拒否します
    30. 認知症に負けない方法とは
    31. 自分の使命って何だろう?
    32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます