家族のスマホ利用状況

  1. 10年前は家族6人が同居していました
    母、私、妻、長女、長男、次女
    さすがに母は持っていませんでしたが、残り5人はケータイを持っていました
  2. いち早く、私がスマホを買いました
    iPhone3か4だったと思います
    これさえあれば、いろんなことが出来ると思ったんです
  3. 妻も子供もケータイで通話とメールができれば充分と考えていたので、スマホには触手をのばしてきませんでした
    むしろ「お父さんは、新しいものには何でも手を出すんだから!」と言った感じで私を冷ややかに眺めていました
  4. ところが、LINEが登場し、友達がスマホを持ち始めると、彼らは競ってスマホを買いました
  5. 今では、彼らはスマホのヘビーユーザーと化しています
    デジタルに疎い妻でさえ、LINE漬けの毎日です
  6. 子供たちは、分からないところがあれば何でもスマホで調べます

このスマホ全盛時代に鎌田實先生は警鐘を鳴らします

参考記事

スマホに支配されてはいけない/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(14)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. マホの利用時間を短くしよう
    カナダのオンタリオ大学の研究では、スマートフォンの利用時間が短い人の方が、認知能力や分析的な考え方のスコアが高いことが判明した
  2. スマートフォン奴隷になりやすいタイプ
    レバノン大学の分析結果では、心理学でいう「タイプA(ストレスを受けている自覚が薄く、攻撃的、機敏、せっかちなのが特徴で、心筋梗塞や脳梗塞になりやすいタイプといわれている)」の人たちが、スマホに依存しやすいことがわかった
  3. デジタル認知症とは
    スマホなどのデジタル機器への依存度が高まると、次第に集中力・記憶力・思考力が低下し、認知症のような状態に陥る可能性がある
    この状態をデジタル認知症と言う
    40代以降の働き盛りの世代に多くみられる
    スマホに頼り過ぎて、インターネット検索を繰り返しているうちに、記憶の中枢の海馬が衰える
    デジタル認知症の14%が、本物の若年性認知症になっていくという
  4. デジタル認知症への対処方法
    あえてノートとペンを持ち、メモ帳を使い、計算や漢字を書くことが大事

私の対応

  1. 子供たち3人は、すでにデジタル認知症の門前にいます
    スマホを自由自在に操っているので、いつかスマホの奴隷になることは明白です
    常々彼らには、「あまりのめりこむな」と警告しています
  2. 私たち夫婦は、安全で心配する必要がありません
    スマホを使いこなせないからです!!

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  9. コレステロールとは何か
  10. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  11. 運動不足を解消!
  12. オーラルフレイルとは?
  13. 認知症 予防の方法
  14. デジタル認知症の症状と予防
  15. テストステロンとは
  16. 孤独感を感じたら
  17. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  18. 睡眠をしっかりとるために
  19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  21. 怒りを鎮める方法
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます