ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?

男性の私はストレスに無茶苦茶弱いです

  1. 女性より弱いでしょうね
    妻もそう思っています
  2. 大腸がんで入院した時
    無事手術が終わった日の夜、形容しがたい痛みに襲われました
    体を動かすなといわれたのも苦痛でした
    様子を見ていた妻は、後日「あの時は、1日中痛い痛いと泣いていたよ」と呆れていました
  3. 糞詰まりで入院した時
    溜まった大便が出たいと言っていました
    どう踏ん(糞)張っても出ないどころか、痔が痛くてどうしようもなかったです
    妻は後日「あの時も泣いていたよ。私も痔を2回手術したけど耐えたね。子供を産む時なんかこんなもんじゃないよ。お父さんは子供を産めないわね。」と言いました
  4. あなたは「お前は痛みに弱いだけじゃないか」と反論されるかも知れません
  5. しかし、痛みも立派なストレスじゃないかと思うんです

ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?

そのヒントを鎌田實先生が述べられています

参考記事

男性はストレスに弱い/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(18)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. ストレスはがんの一因
    国立がん研究センターによる10万人の追跡調査結果
    自覚的なストレスレベルが最も高い男性のグループは、最も低い男性のグループに比べて、がんの罹患(りかん)率が11%も高かった
    特に、肝臓がんと前立腺がんが多発
  2. ストレスは急性心筋梗塞の一因
    ストレスについて、52カ国で大規模な研究が行われた
    ストレスのある人はない人に比べて、急性心筋梗塞のリスクが1・5倍上昇していた
    特に東洋人は2・1倍
  3. 以上の2つの研究により、次のことが言えそうだ
    「男性そして東洋人である日本人はストレスに弱い」
  4. ストレスは体にどんな影響を与えるのか?
    ストレスを受けるとコルチゾールというストレスホルモンが出る
    それが脳の前頭前野に指令を行い、自己抑制をさせにくくするといわれている
    心臓や血管にも負担を与える
    交感神経が過緊張になり、血圧が上がり、心臓病や脳卒中のリスクを高める
    交感神経が緊張するとリンパ球も減るので、免疫力が下がる
  5. コルチゾールのせい?
    ストレスを受けた後、よりカロリーが高く、不健康な食べ物を食べたくなる
    気持ちがむしゃくしゃしたり、疲れたりすると、スナック菓子を1袋食べ切ってしまったり、甘いものや酒をたくさんとってしまったりする
  6. 男はもっと楽しめ
    人生100年時代を生きぬくためには、自分流のストレス対処法を身につける必要がある
    競馬、競輪、サッカー、スポーツ新聞を読む等、楽しむことが大切

読後感想文

  1. 同じ事柄でも、人によってストレスの感じ方は違います
  2. 私の場合、痛みからくるストレスには弱いです
  3. しかし、FXでボロ負けして、家を売却してもさほどストレスを感じませんでした
    なんとかなるさ!って感じでした(ストレス感度が鈍すぎるだけかも知れませんが)
  4. いずれにしても、悩むのはよそうと思い始めました
    悩んで事態が改善するなら大いに悩みますが・・・
  5. 一度しかない人生です
    いくら悲惨な状態でも笑って過ごしたいです
  6. そのためには、「なんでも楽しんでやろう」という心がけを忘れずにいたいですね
  7. 今のところ、妻といるだけで幸せです
    妻の喜ぶ顔をみるのが一番の楽しみです

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  9. コレステロールとは何か
  10. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  11. 運動不足を解消!
  12. オーラルフレイルとは?
  13. 認知症 予防の方法
  14. デジタル認知症とは
  15. デジタル認知症の症状と予防
  16. テストステロンとは
  17. 孤独感を感じたら
  18. 睡眠をしっかりとるために
  19. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  20. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  21. 怒りを鎮める方法
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます