怒りを鎮める方法

私の「怒りを鎮める方法」

  1. それは「怒りを損得で判断する」です
    怒ったら損か得かを考えるんです
    そうすると、「怒ったら損」という結論が得られます
  2. 中学、高校時代はよく怒っていました
    特に高校3年の時です
    それまで、あまり勉強していなかったもんですから「俺って大学へ行けるのかな?」という不安をいつも抱えてイライラしていました
    そんな時に、仲の良かった同級生が、出合頭にふざけて私のズボンを引っ張ったんです
    私は急に怒り出して「何をするんだ」と言いつつ彼をぶん殴ってしまいました
    その時の彼はメガネが吹っ飛んで、恐怖に満ちた顔をしていました
    周りの友達もびっくりした顔をして私を見ていました
    その時以来「怒ることは損すること。得になることは何もない」と思うようになりました
    なぜか、怒ることに臆病になったんです
  3. 言い換えれば、私の場合、怒りを鎮めるための特別な方法はないと言えます
  4. すぐには怒らない体質になったと言った方が正しいのかも知れません

鎌田實先生が怒りを鎮める方法について解説しています

参考記事

怒りをコントロール/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(22)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 強さの秘訣は怒りのコントロール
    テニスのロジャー・フェデラー選手といえば、世界のトッププレーヤー
    30代半ばになっても17年ウィンブルドンを制し、17、18年は全豪を連覇している
    しかし、かつて彼はカッカするタイプで、自分の怒りでゲームを台無しにしていた
    ラケットを壊すなどマナーも悪く、人気もなかった
    その彼がアンガーマネジメントをレクチャーされてから強くなった
  2. 怒りの強さ、回数、時間が問題
    人はだれでも怒りにかられる
    怒ってもいい
    しかし、怒りの回数、強さ、時間、この3つに気を付けなければいけない
    あまりにもしょっちゅう怒っていると、人から信用されない
    怒りの強さが強すぎると人間関係が壊れてしまう
    怒っている時間が長すぎると、「いつまでも根にもつ人」などと言われてしまう
  3. 怒りを鎮める方法 怒りの6秒ルールを意識せよ
    怒りに関係する神経伝達物質ノルアドレナリンの分泌は6秒でピークになる
    6秒待つと、怒りはだいぶ穏やかになる
    6秒たっても怒りをやり過ごせないなら、一服しよう
    コーヒーやお茶を飲んで気持ちを落ち着けて、自分の主張を相手に伝えればいい
  4. 怒りを鎮める方法 ひと晩寝てから怒れ
    ひと晩寝ると、覚えておくべきものと忘れていいものなど、記憶の仕分け作業が行われ、感情の整理もできる
    翌日は、建設的にふるまうことができる
  5. 人生100年時代を生き抜くためには、ストレスを爆発させない生き方を身に付ける必要がある

この記事の読後感想文

  1. 怒りを鎮めるための、理性的な方法が説明されています
    すなわち、「怒りを感じたら一定の時間(6秒や一晩)を意図的に経過させ冷静さを取り戻せ」という訳ですね
  2. 私が瞬間的に抑えきれない怒りを感じ時は非常に有効な方法だと思います
  3. いずれにしても、怒りを爆発させても良いことは何もありません
    意思疎通もできなくなります
    やっぱり私の方法も悪くないです!!

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  9. コレステロールとは何か
  10. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  11. 運動不足を解消!
  12. オーラルフレイルとは?
  13. 認知症 予防の方法
  14. デジタル認知症とは
  15. デジタル認知症の症状と予防
  16. テストステロンとは
  17. 孤独感を感じたら
  18. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  19. 睡眠をしっかりとるために
  20. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  21. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  22. 減った男性ホルモンを増やすには
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます