今までに男性ホルモンを増やそうと思ったことはありませんでした

  1. 素人考えですが、男性ホルモン増える⇒ハゲになると思っていたんです
  2. 何か「あぶらぎった男」を連想してしまいますよね

そもそも、中学校時代は男性ホルモンという言葉すら知りませんでした

  1. それよりも、女性にモテるためにはどうしたら良いかを真剣に考えました
  2. そして得られた結論はこれです
    普段は不良っぽい言動をする
    学校の成績は優秀
  3. 不良のふりをするけど、陰で一生懸命勉強する
    もちろん、勉強などしたことのないフリをする
    考えていればイヤな性格ですよね
  4. がり勉で成績優秀は当たり前
    不良で成績悪いのも当たり前
    当たり前の男は女性にモテないのを熟知していました
    私は意外性でモテようとしたんですね
  5. 結果的には不良にもなりきれず、学業優秀にもなれず中途半端な人生を送ることになったのです
    しかし中途半端ではありますが、女性にある程度モテたことも厳然たる事実です

話はそれてしまいましたが、若い頃から男性ホルモンを増やすという考えはなかったのです

しかし、鎌田實先生の連載を読んで、「やっぱり男性ホルモンは増やす必要があるな」と感じた次第です

参考記事

男性ホルモンは復活する/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(23)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 筋肉が重要
    高齢になって、不活発になる人と自由になってよりおもしろく生きる人の分かれ道は筋肉である
  2. 男性ホルモンは復活する
    男性の体を維持しているのは男性ホルモン
    加齢によって分泌は減るが、男性ホルモンは1度減っても復活することができるといわれている
    皮下脂肪を減らして筋肉を増やすと男性ホルモンが増加する
  3. 男性ホルモンを増やすには
    【1】筋肉を鍛える
    鎌田實先生は半年間で脂肪を4キロ減らし、筋肉に変えた
    その結果、冬はスキーで3キロのダウンヒルを5本、ノンストップで滑れる体力がついた
    筋肉作動性物質のおかげで、先生には糖尿病の家族歴があるが糖尿病になっていない
    血圧120-70で正常
    脂質異常も骨粗しょう症も無縁
    「まるでテストステロンマンのようだ」と自慢している
    筋肉を鍛えることで、うつも、認知症も、がんのリスクも減ることがわかっている
    おすすめの運動は、鎌田式スクワット
    【2】自分らしさを発揮できる場所をつくる
    マージャン仲間がいるとか、行きつけの居酒屋があるとか、気楽に行けるカラオケなども男性ホルモンを増やす
    【3】人におごる
    食事やお酒をごちそうする人間関係をもつことは、自分の健康にもいいということ
  4. 人生100年時代を生き抜くためには、筋肉と楽しく過ごせる仲間が大事といえる

この記事の読後感想文

  1. 「筋肉を鍛えることで、うつも、認知症も、がんのリスクも減ることがわかっている」と言う部分に心打たれました
    「やっぱり男性ホルモンは増やさなくちゃ」「ハゲになったって構わない」と考えた次第です
  2. ただし、人におごることだけはもう少し様子を見たいと思います
    私の中のハイド氏がこう叫んでいます
    「お前が人におごれる立場か?」
    「家を売って、奥さんに苦労をかけているお前が!」
    「人におごるんじゃない!!おごってもらえ!!!」

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  9. コレステロールとは何か
  10. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  11. 運動不足を解消!
  12. オーラルフレイルとは?
  13. 認知症 予防の方法
  14. デジタル認知症とは
  15. デジタル認知症の症状と予防
  16. テストステロンとは
  17. 孤独感を感じたら
  18. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  19. 睡眠をしっかりとるために
  20. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  21. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  22. 怒りを鎮める方法
  23. ドーパミンとは
  24. ヘルスリテラシーを高めよう
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます