ヘルスリテラシーを高めよう

健康情報が溢れています

  1. 雑誌、新聞、テレビ、ネット上には健康に関する情報が溢れています
  2. その中で、意見が異なる情報も溢れています
  3. 例えば、炭水化物に関して、思いつくだけでも様々な情報があります
  4. 日本人は農耕民族だから主食の米をしっかり食べなくてはならない
    米の種類に関してはノーコメント
  5. 米の種類は、玄米が良い。精白された白米はダメ
    米に限らず精白されたものはダメ。茶色のものは良い
    食べる量に関してはノーコメント
  6. 炭水化物は糖類と食物繊維に分かれる
    糖類は控え、食物繊維を積極的に食べよう
  7. 便秘の人は、不溶性食物繊維を多く食べればかえって便が出にくくなるので水溶性食物繊維を多く含む食品を食べよう。玄米より、もち麦ごはんが良い
  8. もし最近、疲れやすく、アレルギーがよく出るようであれば、グルテン過敏症かも知れない
    麦類は控えよう。小麦粉が主原料のものはダメ、当然ビールや麦茶も控えよう。
  9. 糖質オフが正しい。穀物は摂取しない方が良い。アルコールも日本酒、ビール、ワインなどの醸造酒はダメ。焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒にしよう。
  10. 「結局、どうすりゃいいんだ?」と思われるでしょうね

ヘルスリテラシーとは

  1. 健康に関する情報を理解して、その情報を使う能力のことをヘルスリテラシーと呼びます
  2. ヘルスリテラシーを身につければ、上記のような健康情報に惑わされず、自分に必要な情報を見極めて最善の選択ができるようになるということです

ヘルスリテラシーを高めようと鎌田實先生は主張しています

参考記事

ヘルスリテラシー高めよう/鎌田實の健康連載
<鎌田實の人生100年時代をどう生きるか(25)>
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. テレビやネットに惑わされるな
    テレビやネットには、健康情報があふれている
    怪しい情報にだまされてはいけない
    少し前、朝バナナ健康法とか、リンゴダイエットとかが流行した
    もっと昔に話題になった紅茶キノコなどは、今ではもうほとんど信じている人はいない
  2. 命の教養と知識が大切
    怪しい情報に流されないためにはヘルスリテラシーが必要
    リテラシーとは「読み書き理解」に必要な能力のこと
    実は、日本人はヘルスリテラシーが低いという調査結果が出ている
    オランダは、ヘルスリテラシーが高い国の1つ
    ボストン大学医学部の調査によると、どの生活習慣が自分の健康に関係しているか判断することについて、「難しい」と答えた人は日本では45・5%で、オランダでは5・4%
    病気になったとき専門家に相談するところを見つけることについて、「難しい」と答えた人は、日本では63・4%、オランダでは4・7%
  3. 治療の選択は生き方の選択
    いざ病気になったとき、正しい情報を、あなた自身の状況に置き換えて詳しく説明し、相談に乗ってくれるかかりつけ医のような存在が必要
    テレビ番組は、視聴率を上げるために作られたショーである
    おもしろければいい
    しかし、自分の健康や命を支えていくには、正しい情報を理解して、生活習慣を変えていくことが大切
    治療の選択は、生き方の選択
    あなたらしい選択ができるように、ヘルスリテラシーを高めよう

この記事の読後感想文

  1. 日本の医師は「薬を出しておきますので、これで様子を見てください」と言って終わりという人が多いような気がします
  2. 「この病気を治すためには、食べ物を含めこういった生活習慣が必要です」といったアドバイスをくれる人が少ないです
  3. 患者として自分のヘルスリテラシーを高める不断の努力が一番必要ですが、そういった「名医」を探すことも重要ですね

関連記事

鎌田實医師の健康連載

  1. がん家系に生まれて
  2. 慢性炎症とは
  3. 認知症テストをやってみましょう
  4. 動脈硬化を予防する食べ物とは
  5. 私が感じたウォーキングの4つの効果とは
  6. スクワットのやり方とは
  7. 粗食は健康に良い?
  8. 肉は健康に良いのか?悪いのか?
  9. コレステロールとは何か
  10. 生活習慣 改善方法!医師の推奨する4つのポイントとは
  11. 運動不足を解消!
  12. オーラルフレイルとは?
  13. 認知症 予防の方法
  14. デジタル認知症とは
  15. デジタル認知症の症状と予防
  16. テストステロンとは
  17. 孤独感を感じたら
  18. ストレスに弱い男性はどうしたらよいか?
  19. 睡眠をしっかりとるために
  20. 入浴法に注意して風邪と加齢臭を撃退
  21. 冬の入浴におけるヒートショック対策とは
  22. 怒りを鎮める方法
  23. 減った男性ホルモンを増やすには
  24. ドーパミンとは
  25. 医療に関する終活とは
  26. 無駄な医療!?
  27. 妻のために生きる
  28. 多死社会の中の「自分の死」とは
  29. 延命治療を拒否します
  30. 認知症に負けない方法とは
  31. 自分の使命って何だろう?
  32. 自分らしく生き抜くための7カ条とは

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます