キスは健康にいい!

妻は私とのキスが嫌い?

  1. 私との間の子供を3人もひねり出した妻
  2. アノ時の絶頂期には、むしゃぶりついてくるような形でキスを要求してきた妻
  3. しかし通常時は何故か私とのキスはスキじゃないようなんです
    ・まさか私がイヤな口臭を放っているんじゃないだろうな?と疑った時もあります
    ・しかし、そうでもないようなんです
    ・キス自体があまり得意じゃないのかも知れません
    ・彼女が「昭和の女」だからでしょうか?
    ・昭和の女にはキスをする習慣がないはずです
    ・まさか私を愛してないということはないと思いますよ!
    ・向こうが「結婚して!」と言ってきたんですから
  4. ところが「キスは寿命を延ばす」と聞いたら積極的に応じてくれるかもしれません
  5. そんな記事に出会ったんです

参考記事

出勤前にキス、それも20秒以上/森田豊の健康連載
引用:日刊スポーツ

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 出勤前の「キス」が、寿命を延ばす!?
    ・カナダ、ローリエ大学のドイツ人研究者、アーサー・サズボ氏の研究による
    ・出勤前にキスをしてから家を出るカップルのほうが、寿命は5年長い
    ・交通事故に遭う確率も低く、さらに欠勤率が低く、収入も25%高い
  2. 米国のケース・ウエスタン・リザーブ大学で行われた実験
    ・結婚している男性で「奥さんに愛されているか?」という質問にイエスと答えた人は、ノーの人に比べて狭心症を起こす確率が低くなる
    ・キスされることや、愛されていると自覚することで、人は健康を保てる可能性がある
  3. 米科学者たちの調査結果
    ・少なくとも20秒以上の長めのキスをすると、ストレスレベルが劇的に低下する
    ・キスにより、脳内で分泌されたエンドルフィン、オキシトシンやドーパミンといった快感ホルモン(幸福ホルモン)が血流に放出され、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを抑制するから
    ・フレンチキスなど舌を激しくからませたディープキスをすると、顔の39種類の筋肉を使い、仮に20分間続けるとすれば、120キロカロリーのエネルギーを消費するそうだから、これは約1時間分のウオーキングに匹敵する活動量
    ・キスの最中に分泌される「恋愛ホルモン」といわれているオキシトシンには、食欲を抑える効果もある
    ・12人の肥満気味の人を含めた25人の男性に対し、鼻スプレーとしてオキシトシンまたは何の成分も入っていない偽薬を投与し、食事をしてもらった研究がある
    ・オキシトシンを投与されたグループでは、偽薬に比べ摂取量が122キロカロリー少ないという結果になった
    ・脂肪については平均で9グラム、80キロカロリーの摂取量も減っている
  4. 愛情表現としてだけではなく、健康面でもさまざまな効果があるキス
    恋人やパートナーとの愛情表現をためらっている場合ではない

この記事を読んで

  1. 森田さん!「キスという愛情表現をためらっている場合ではない」と言われましてもね~
  2. この年になって、しかもキスがスキじゃない妻へのアプローチは難しいですよ
  3. かといって、今の私には、あの時の絶頂期までリードする能力も体力も気力もないような気がするんですね
  4. 「健康になるよ!」と言うアプローチでも笑われるのがオチのような気がします
  5. それは避けたいです
  6. 今度の妻の誕生日(4月16日)か結婚記念日(4月29日)にスパークリングワインでも飲みながら迫ってみましょうかね?
  7. え?遅すぎるですって?
  8. 「急いては事を仕損じる」ということわざもありますしね
  9. 今の私には「健康になる」ことのメリットより「妻の前で赤っ恥をかく」デメリットの方が大きいような気がしているんです

結婚を すれば毎日 楽しいね

あなたにピッタリの無料婚活比較サイト

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます