お得情報!医療費を抑える方法とは

医療費は決められているからお得情報なんてないと思っていませんか?

  1. ところが、そうでもないようなんです
  2. 覚えておけば、ずいぶんお得なケースはあります
  3. 医療費を抑える方法があるんです
  4. そんな記事に出くわしました

参考記事

覚えておけば得をする! 病院の医療費を抑える方法
引用:YAHOO!ニュース〈週刊朝日〉(AERA dot.)

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 医療費の節約法」教えます
  2. 予約
    ・ある日次回の予約をしようとしたら「木曜日でしたら待ち時間が短いですよ」と言われた
    ・会計をしてみると、明細書に「自費」として500円請求されていた
    ・実はこれ、通常の“予約”とは違うのだ
    ・病院は待ち時間が30分以内と短くて、診療時間が10分以上かかるなどの条件を満たす場合、自費(保険外診療)扱いで料金を請求できる
    知らぬ間に料金を取られる場合があるので気をつけよう!
  3. 差額ベッド代
    ・差額ベッド代とは、1部屋4床以下の特別な環境の病室に入院したときにかかる部屋代のこと
    ・予約診療と同じく、保険外のため病院が金額を決めることができる
    ・昨年の厚生労働省の報告によると、平均額は1日約6千円で最高額は1日37万8千円
    ・このベッド代には、病院側が請求してはいけない場合があるということを知っておこう
    ・【1】「同意書で患者の同意がとれていない」場合
    ・【2】感染症を防ぎたいなどの「病院側の都合」や、患者の病状が重篤である場合など
    ・【3】「治療上の必要性がある」とき
    ・すなわち、払わなくてはいけないのは、自分で『入りたい』と患者側が意思を示したときだけ
    ・病院は「他の部屋が満床」という理由で差額ベッド代がかかる部屋に入室させたときは、請求してはいけない
    入院時に「個室しか空いていない」と言われても、慌てて同意書にサインせず、しっかり説明を求めよう!
    ・【2】や【3】の場合でも、患者の同意書があれば請求は認められてしまう
    ・「個室をできるだけ埋めたい」というのが病院側のホンネ
    入る気がなければ、『大部屋の空きを待ちます』など、はっきりと伝えること!
    ・差額ベッド代を請求されたとき、事前に意思を示していなければ『入りたいと言っていません』と伝えること!
  4. 入院時のオムツやパジャマなど
    ・保険外の実費になる
    ・身の回りの生活用品は、自分で用意したほうが安い
    事前に持ち込みの可否を確認しよう!
  5. 診療時間内でも割増料金
    ・病院が決めた診療時間外に受け付けをした場合にかかる「時間外加算」や、「深夜加算」は知っている人も多い
    ・これらの加算とは別に、診療時間“内”でも発生する割増料金がある
    ・平日は8時前と18時以降、土曜日は8時前と12時以降の受け付けならば500円(3割負担で150円)が加算される
    これらの時間帯を避ければ節約になる!
  6. 病院ごとに違う初診料
    ・初診料は受診のタイミングで差が出る
    ・初診料は患者が任意に受診を中断した場合、1カ月以上空いたら請求してよいというルールがある
    ・一定期間が経ってしまうと、同じ病状で同じ診療を受けていても、初診料が発生する
    ・3カ月以上経過したら請求するという診療所が多いが、その期間は医療機関ごとに決められる
    受診を中断するときは、いつから初診料が発生するか、病院に確認しておこう!
    ・予期せぬけがや病気にかかったとき、ついつい大きな病院に行ってしまいがちだ
    ・大病院では紹介状を持参せずに初診で受診すると特別料金がかかる
    ・以前から、200床以上の病院では徴収できたが、2年前に特定機能病院と500床以上の地域医療支援病院は、最低料金が5千円と定められた
    ・さらに今年4月、この対象になる病院が400床以上にサイズダウンされた
    ・結果、今まで特別料金がかからなかった病院でも料金が発生し得る
    いざというとき、何でも相談でき、病状に合わせて紹介状を書いてくれるかかりつけ医を見つけておこう!

この記事を読んで

  1. 「そうは言っても、病院の経営は大変なんだから!」という病院の言い訳が聞こえて来るようです
  2. だけど、われわれ庶民は些細なことでも自分を守らなければなりません
  3. 7月9日に内視鏡検査と内視鏡手術を経験しましたが、あやうく差額ベッドを利用するところでした
    ・幸いにも、大部屋が空いていたため助かりましたが
    ・その時は、まさに「大部屋が満床の時は個室を利用すること」を承諾してしまいましたからね!!
  4. まったく油断もスキもあったもんじゃありません
  5. 今後、病院については、注意深く用心深く対処する必要がありそうです
  6. かかりつけ医がなかなか見つからないので苦労してます
  7. すべての病院に貝原益軒先生のお言葉を贈呈したいと思います
    医は仁術なり。仁愛の心を本とし、人を救ふを以て志とすべし。
  8. まさか、医は算術じゃないでしょうね?

関連記事

  1. 2018年度版ふん詰まり!内視鏡検査と内視鏡手術を経験

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます