車内温度を下げる!ベストな方法とは

車内温度が高すぎます

  1. 毎日35℃前後の気温が続くとさすがにバテますよね?
  2. 昼間に車を運転するのが怖いです
  3. 運転席に座った途端に暑さで気持ち悪くなります
  4. 先日、名古屋で観測史上初めて40℃以上を記録しましたよね?
    ・ただでさえ蒸し暑い名古屋で史上最高気温となると、これは地獄です
    ・ところで、その日関東地方に住む私は車に乗っていました
    ・外気温を見たら41℃になっていたんですね
  5. とにかく異常です
  6. こんな時、スムーズに車内温度を下げるためにはどうしたらイイんでしょうか?
  7. その質問にピッタリの記事に出会いました
  8. あなたの人生を豊かにする、お得情報満載の記事です

参考記事

実験でわかった! 高温の車内温度をいち早く下げる方法
引用:YAHOO!ニュース(ウェザーニュース)

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 車内温度を早く下げる方法とは
    ・JAF(日本自動車連盟)の検証結果から効果的な方法を探る
    ・同じ車を5台用意し、車内温度 が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で温度低下に挑戦した
  2. 5つの方法とは
    (1)ドア開閉
    (2)冷却スプレー
    (3)エアコン「外気導入」
    (4)エアコン「内気循環」
    (5)エアコン+走行
  3. 正解は、(5)エアコン+走行
  4. 具体的な方法とその理由
    ・窓を全開にし、 車のエアコン(オート・温度設定はLo)を外気導入にして走行
    ・2分後に窓を閉め、エアコンを内気循環にして3分間走行する
    ・はじめに外気導入にするのは、外の温度より車内温度のほうが高いから
    ・車内の熱気を逃したら、窓を閉めて内気循環にして車内を冷やすことが最も効率的
  5. 注意事項
    ・ドア開閉の実験では、約30秒で7.5℃くらい車内温度は下がっているが、ドアの開け閉めは騒音で迷惑になり、故障の原因にもなる
    ・冷却スプレーの多くは可燃性のガスが使われているため、火の取り扱いに要注意
    ・換気が不十分な車内で、使用後にタバコに火をつけようとしてやけどを負う事故も起きている
    ・ダッシュボード付近は、車内温度よりもはるかに高温になるため、車内温度が下がっても熱が蓄積しているので要注意

この記事を読んで

  1. 車の運転歴が長い人にとっては、納得のいく解答でしたね
  2. いくら外気温が高くても、車内温度にはかなわないということです
  3. いきなり内気循環にしてガンガン冷やそうとしても非効率だということです
  4. こんなお得情報を読んだあなたは、世界一の幸せ者ですよ!

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます