日本人の男性のがん!その1割はアレが原因

アレとは、酒です

  1. 適量の酒はむしろ死亡率を下げると言われています
  2. 過度の飲酒ががんを招くことも確実視されています
  3. 7年前まで、酒は飲み放題、おつまみや炭水化物は食べ放題の生活を送っていました
  4. 案の定、大腸がんになりました
  5. この暴飲暴食が、がんの原因であることは間違いありません
  6. 日本人男性のがんの1割は酒が原因であると言う記事を紹介します

参考記事

日本人男性のがんの1割は酒が原因 発症のメカニズムとは
引用:YAHOO!ニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 過度の飲酒が発がんに影響することは間違いない
  2. 国立がん研究センターが作成した「日本人のためのがん予防法」(2015年2月)によると
    ・飲酒ががんの原因になる確率
    ・男性9% 女性2.5%
    ・飲酒ががん死の原因になる確率
    ・男性8.6% 女性2.5%
  3. 飲酒量と発がんについての関係
    ・1日当たりの平均アルコール摂取量が46グラム以上で40%程度がん全体のリスクが上がる
    ・1日当たりの平均アルコール摂取量が69グラム以上で60%程度がん全体のリスクが上がる
    ・1日当たりの平均アルコール摂取量が23グラム未満でリスク上昇がみられない
  4. 即ち、下記程度にとどめるのが良い
    ・日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、ウイスキーやブランデーならダブル1杯、ワインならボトル3分の1
  5. 飲酒はどのようなメカニズムでがんを発症させるのか?
    ・体内でお酒を分解すると発がん物質である『アセトアルデヒド』が発生する
    ・これを無毒化するには『2型アセトアルデヒド脱水素酵素』(ALDH2)が必要
    ・この脱水素酵素には分解力の強い正常型と弱い欠損型がある
    ・それを決めるのは両親それぞれから受け継がれた2つの遺伝子である
    ・日本人は2つの遺伝子のうち片方もしくは両方が欠損した人が多く、体内にアセトアルデヒドが長く滞留する
    ・これが、発がんに影響している
  6. ちなみに、お酒とかかわりが深いのは口腔、咽頭、喉頭、食道、肝臓、大腸(男性)、乳房などといわれる

この記事を読んで

  1. 日本人男性である私は、みごとに大腸がんになりました
  2. じゃあ、なぜ酒を浴びるように飲んだのでしょう?
    ・やっぱり仕事上のストレスが大きかったからだと思います
    ・あるいは意志が弱かったからかもしれません
  3. 今の警備員の仕事は、ほぼストレスフリーです
    ・子供も3人とも結婚し、妻と二人きりの生活をエンジョイしています
    ・二人とも働いていますが、主に共通の休日前日二人で適量のアルコールを楽しんでいます
  4. この生活が永遠に続けば、こんな幸せはありません

関連記事

  1. 赤ワインが健康に良い7つの理由及び守るべき2つの注意事項
  2. ワインの酸化防止剤である亜硫酸塩の危険性は高い!?
  3. 飲酒と健康!毎日飲むならどれくらいならイイの?

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます