9月に入って、ようやく涼しくなったような気がします

  1. 7月の「35℃が当たり前」だったころから比べると
    ・朝夕は過ごしやすくなりましたね
  2. あの熱中症ともおさらば・・・というワケにはいかないようです
  3. 秋の熱中症にも、気をつける必要がありますから!

参考記事

夏だけじゃない “秋の熱中症”どう対策?
引用:YAHOO!ニュース(日本テレビ系(NNN))

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 熱中症は夏だけに起きるものではない
    ・熱中症のピークは7月と8月
    ・次第に体が暑さ慣れする
    ・これは、暑い日が続いても、血流量や汗の量で体温が上昇しないようコントロールできるということ
  2. 秋の熱中症は、なぜ起こるか?
    秋になり体が涼しさに慣れてしまうと、体温のコントロール機能が低下する
    ・真夏は連日の30℃に耐えられても、涼しい日が続いた後は湿度が高いと、気温が25℃でも熱中症になる場合がある
  3. 秋の熱中症は、対策をしないと重症になることもある
    熱い室温の中で長くいてしまって、2~3日後に体調を崩して熱中症になるケースがある
    ・亡くなっている方の8割以上がこのケース
  4. 秋の熱中症対策
    ・水分をうまくとることが大切
    ・お茶にはカフェインが入っているものが多く、利尿作用が働くので水分が尿として失われる
    そのため麦茶や水が有効
    汗をかいている時は、糖分とナトリウムが入っているスポーツドリンクを摂取
    頭痛やめまいがするなど、すでに熱中症の症状が出ている場合には、経口補水液が最適
    ・経口補水液はスポーツドリンクと比べ、塩分濃度が高めで糖分が少ないのが特徴で、即効性がある
  5. 秋の熱中症対策における注意事項
    スポーツドリンクや経口補水液は汗をかいていない時に飲むと、塩分の取りすぎになることがあるので要注意
  6. 結論
    ・涼しくなった後が要注意

この記事を読んで

  1. 通常日は朝8時~午後5時まで警備員として働いています
    ・施設内は冷房が効いているので快適です
    ・駐車場が満車になった時は、屋外で動き回ることになり、まだまだ暑さを感じますね
  2. 従って、日中は中硬水のエビアンを1リットルくらい飲んでいます
  3. 夕食後は、のどが渇く前にノンカフェインの麦茶、爽健美茶、十六茶などを飲んでいます
    ・ノンカフェインなので寝つきもイイですよ!
  4. よっぽどヘマをやらかさない限り、秋の熱中症対策は万全です

画像をクリックすれば楽天に、テキストをクリックすればamazonに飛びます


エビアン

関連記事

  1. 私が実践する「健康になる水の飲み方」5つのポイント

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます