私の周りに、「気象病の持ち主」が2人います

  1. 二人とも女性です
  2. 次女と長男の嫁です
  3. 「低気圧が来ると頭が痛くなる」と言っていました
    ・長男の嫁は「専門医に薬を処方してもらった」とのことでした
  4. そんな症状の病気ってあるの?と思いました
    ・あんまりポピュラーな病気じゃないな!
  5. 何となく、女性特有の病気のような感じです
  6. 妻が言うには「気象病って名前らしい」
  7. 気象病に関する記事に出会ったので紹介します

参考記事

台風に伴う「気象病」を軽減する「耳マッサージ」とは?
引用:ウェザーニュース

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 気象病とは
    ・気圧や湿度、気温などの変化に影響を受け、引き起こされる不調や病気のこと
    ・国内では約1000万人もの人に症状があると推定されている
  2. 気象病の症状
    ・気圧の変化をきっかけとする頭痛や関節痛、めまい、肩こり、イライラなどが知られている
    ・ほかにも心臓病や脳卒中、うつなどの精神疾患、喘息、歯周病など、多くの病気が気象の変化により悪化することがわかってきている
  3. 気象病対策としての「くるくる耳マッサージ」
    ・愛知医科大学客員教授・中部大学教授の佐藤純先生が考案
    ・1分でできる!くるくる耳マッサージ
    (1)親指と人差し指で両耳を軽くつまみ、上・下・横に、それぞれ5秒ずつ引っぱる
    (2)耳を軽く横に引っぱりながら、後ろ方向に5回、ゆっくりと回す
    (3)耳を包むように折り曲げて、5秒間キープする
    (4)手のひらで耳全体を覆い、後ろ方向に円を描くようにゆっくりと回す。これを5回行う
  4. 佐藤先生による「くるくる耳マッサージ」の解説
    ・気象病は内耳が大きく関係している
    ・内耳の血流が悪くなって、気圧のセンサーや自律神経に影響している
    ・『くるくる耳マッサージ』を行って、内耳の血流が良くなると自律神経が整い、気象病の予防や改善につながる
    ・「くるくる耳マッサージ」は朝昼晩に1回ずつ、毎日続けて!
    ・台風だけでなく下り坂の天気や寒暖差による気象病も予防・改善できるかもしれない

この記事を読んで

  1. 気圧や気象に左右されると聞くと、いかにも女性特有の病気のように思えますが、決してそうではないらしいです
    ・現に上記佐藤先生も気象病の持ち主らしいです
  2. 国内に約1000万人にその症状があるらしいとは、びっくりしました
    ・初めて聞く病名です
    ・気象病のことを「天気痛」とも言うらしいですね
  3. 今のところ、私には無縁の存在と思われます
    ・次に台風が来た時に備え、『くるくる耳マッサージ』の存在は忘れないようにしないと!
    ・私が知りうる、お金をかけない気象病対策ですから

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます