果物はヘルシーで太らない?

私の中の常識です

  1. 食品添加物はできるだけ避けろ!
    ・同じような考えですが「加工食品は避けろ」
  2. 自然界に存在する食品は先ずOK
  3. だから野菜・果物はたくさん食べるべき!
    ・しかし、糖質はできるだけ避けたい
    ・特に、精白された穀物も避けたい
  4. だけど、果物の甘さは自然の果糖なのでOKだ

しかし、果物の甘さは要注意らしいんです

  1. 例えば、毎日食べているバナナ
  2. カリウムも多く塩分を体外に排出するでしょ?
  3. 食物繊維も豊富で、ふん詰まりにいいんでしょ?
  4. 果糖の甘さはあるけど、問題ないでしょ?・・・と思っていました

参考記事

果物の糖は太りやすく中性脂肪に…食べ過ぎに潜む落とし穴
引用:YAHOO!ニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)

この記事を要約すると以下のようになります

  1. 特に栄養知識に乏しい男性は、「野菜と同じ自然なものだから、果物は取れば取るほど健康になるだろう」と考える人が多い
  2. 確かに、果物にはビタミンやミネラルといった、微量だけれど毎日のように外部から補わなければならない栄養素がたくさん含まれている
  3. しかし、果物は糖質の塊であることを忘れてはいけない
    ・「果物に含まれる糖類は、ブドウ糖でなく果糖だから、太らない」と反論する人がいますが、とんでもない間違い
  4. ご飯やパンなどの穀類に含まれるブドウ糖は小腸から吸収される
    ・そして血液に入り、インスリンの力を借りて全身の細胞に配られ、まずはエネルギー源として使われる
    ・余った分が中性脂肪として体にため込まれる
  5. 果物に含まれる果糖は違う
    ・エネルギー源として使われず、ほとんどが肝臓で代謝されて中性脂肪として貯蔵される
    ・つまり、太りやすい糖なのだ
    ・しかも、果糖はブドウ糖に比べて血糖値が上がりにくいとされており、満腹感が得にくい
    ・だから、知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまい、中性脂肪をより体内にため込みやすい
  6. どうしても果物を食べたい人は
    朝食のときだけ時間をかけて、噛んで食べると良い
  7. 間違ってもジュースにしてはいけない
    ・たくさんの果物を使った糖質たっぷりのジュースを寝起きの空腹状態で大量に流し込むのは最悪の取り方

この記事を読んで

  1. 私は、朝かならずバナナを食べています
    ・大きめのバナナ1本を口でちぎって皿に入れ、ヨーグルトをたっぷり乗せます
    ・少量のオリーブオイルをかけて食べます
  2. これが、最近の私が健康である原因の1部と考えています
    ・便通もイイですよ
  3. そもそも、太ってもいいと考えていますから
    ・祖父、父、母はがんのためげっそりやせて亡くなりました
    ・むしろ太り気味に体をキープすべきと考えています
  4. ダイエットのためのダイエットなどはナンセンスです
  5. 今日、妻が洋服を買うためショッピングに付き合いました
  6. 妻が大鏡の前で「これ似合う?」と聞いてきたので「似合うよ」と言いつつ大鏡の前の私を見ました
    ・そうしたら、そこには異常にお腹の突き出た男が立っていたんですね!
    ・「こりゃ、イカン!もっとやせなくちゃ!」と思ったんです
  7. ダイエットは不要だが、お腹は引っ込ませなイカンと感じたんです
  8. 歳をとってもカッコ悪いのはイカンと・・・
  9. 毎日食べているバナナをなるべく小さいものにすることに決めました

関連記事

  1. 医学的に「健康に良い食べ物」は、5つしかない!?
  2. 果物の健康効果・選び方・食べ方
  3. 果物は 動脈硬化の 予防薬?

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます