【Yahoo! JAPANカード】

昨日まで、jirosukeは朝に納豆を食べていました

  1. 本当は夕食時に妻と一緒に食べたかったんですが
  2. 二人で健康を目指し同じものを食べる・・・これが理想でした
  3. 納豆は、そもそも夕食時に食べることが推奨されています
  4. jirosuke側の夕食時に食べなかった理由です
    ・犬の散歩から帰ったらすぐ夕食なので、つい食べることを忘れてしまう
  5. 妻が夕食に食べることに難色を示す理由
    ・ネギをたっぷり加えて食べたい派なので、翌朝、口が臭くなるのではないかと恐れている
    ・朝パートに出る場合、口臭は避けたいと思っている

ところが妻の方から「健康にイイことは何でもやる!」と言い出したんです

  1. 11月に入ってから、さすがに朝は寒くなりました
  2. それに伴い、妻はどうも朝の体調が良くないと感じるようになりました
  3. 今日、内科で診察を受けて次のように言われたそうです
    ・内科的な検査をしてみたけど、特に悪い兆候は見当たらないのでしばらく様子を見る
    ・イビキをかいているし体がだるいということであれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性もあるので専門医に見てもらう方がイイ
  4. 「口臭なんか気にしている場合じゃない」というワケです

そこで、愛妻のために張り切って、今日から納豆を100回以上かき混ぜて、生卵と刻みネギと青のりを加える作業を買って出たという次第です

納豆の効果効能を高める食材に関する記事を紹介します

納豆のもつ健康効果をさらに高める3つの食材
引用:YAHOO!ニュース(@DIME)

納豆には、どのような効果効能があるのだろうか?
一般社団法人健康栄養支援センター 代表理事で栄養士の池上淳子さんに主なものを教えてもらった

  1. 納豆は蒸した大豆を発酵・熟成させてつくる、消化の良い優れた発酵食品
  2. 大豆の発酵過程でナットウキナーゼをはじめとする多様な栄養素が生成される
    ・ナットウキナーゼには、血栓(※)の主成分である「フィブリン」に直接働きかけ、溶解する作用などがある
  3. 血栓ができやすい食生活や生活習慣は、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクを上昇させるといわれている
    ・納豆はこれらの病気予防につながる

※血栓:血管内の血液が何らかの原因で凝固したもの

納豆といえば納豆菌。どんな効果効能があるのだろうか?

  1. 納豆に多く存在する納豆菌は、善玉菌が増えるのを助け、整腸作用を発揮して便通を改善する効果などがある
  2. 悪玉菌がつくる腐敗物の生成を減らし、有害物質を吸着して排泄を促してくれる
  3. その他、納豆は不足しがちなミネラルや食物繊維も豊富で、栄養の高い食品といえる
    ・納豆の主な栄養成分
    ・タンパク質、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、ビタミンB2、ビタミンK、葉酸、食物繊維、他

おすすめの納豆の食べ方

  1. ナットウキナーゼは、納豆を食べてから10~12時間近くはたらくといわれている
    血栓の出来やすい夜~朝方にかけて効果を得るために、夕食に納豆を食べておこう!
    ・寝ている間にナットウキナーゼが血流を良くして、血栓を予防する効果が期待できる
  2. 納豆は調理にも使われ様々な食べ方がある
    しかし、ナットウキナーゼは熱に弱いので、70度以下の状態で、加えるのがポイント
  3. 納豆はなるべく、常温で食べるのが良い
    ・加熱調理の際には、皿に盛ってから混ぜ込む、あるいは火を止めて、粗熱がとれてから、投入する

納豆の効果効能を上げる合わせワザ!

  1. 納豆×キムチ
    発酵食品であるキムチに含まれている乳酸菌は、納豆菌と一緒に摂ることで、相乗効果をもたらし、腸内環境を整えるのに高い効果を得ることができる
    ・腸内環境を良くすることは健康効果、美肌効果に繋がる
    ・キムチに含まれている唐辛子のカプサイシンは、脂肪燃焼をサポートする働きがあり、納豆に含まれる脂肪の代謝に必要なビタミンB2などの豊富な栄養素と合わさって、ダイエット効果効能も期待できる
  2. 納豆×玉ねぎ
    玉ねぎに含まれるオリゴ糖は腸の善玉菌のエサになるため、納豆と一緒に食べることで、さらに腸の健康を促進できる
    ・玉ねぎに含まれるケルセチンには血行促進効果がある
    ・ナットウキナーゼの血液サラサラ効果も手伝って、さらに血行促進にも効果的といわれている
  3. 納豆×アボカド
    ・納豆とアボカドに多いカリウムには、むくみ解消効果があり、摂り過ぎた塩分を排出してくれる働きがある
    どちらも食物繊維が多く、便秘解消効果があるため、不要な代謝物を排出するデトックス効果にも注目されている

jirosukeの生活と意見

  1. 妻と一緒に納豆を食べられることは無上の喜びです
  2. 夕食時に納豆を食べ忘れるなんてことは絶対許されません
  3. ただ、合わせワザで紹介されている「納豆の効果効能をさらに高める3つの食材のうち、キムチと玉ねぎについては妻が拒否反応を示しています
    ・「キムチは痔が悪くなりそう」という理由で
    ・「生の玉ねぎの臭いをかぐと最近気持ち悪い」という理由で
    ・従ってこれらの食材の合わせワザはjirosukeだけが効果効能を享受することにします
  4. アボガドはイイですね!!
    ・二人とも便秘で苦しんだ過去をもっていますから

関連記事

  1. 納豆の効果的な食べ方
  2. 健康に良い酒のつまみとは?

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます