あなたは、老化とはどういうことか考えたことがありますか?

  • jirosukeは、あまり考えたことがありません
  • というか、以下のように思っていました
  • 人間は、歳をとる
  • 老化とは、歳をとることだ
  • だから老化を防ぐことはできない
  • しかし同じ年齢の人でも、若々しい人もいれば、すっかり老け込んでいる人もいる
  • なぜそうなるのかはわからない
  • 遺伝?体質?運動量の違い?食べ物の違い?

少なくとも、老化を防ぐための「NGな食べ物」はあるようなんです

老化の真犯人は“AGE”! 糖尿病の権威が「野菜ジュースは避けるべき」と説くワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00552101-shincho-life
引用:YAHOO!ニュース(デイリー新潮)

この記事を要約すると以下のようになります

肥満は若返りの最大の敵で、血糖値が上昇すると太る

  1. その理由
    ・糖質を過剰摂取してブドウ糖が余ると、中性脂肪が蓄積されるから
  2. 血液中には普段から一定量のブドウ糖が存在するが、血糖値は70~140(mg/dL)に保たれ、血糖値が上下しすぎると命にも関わってくる
  3. そのブドウ糖の元になるのが糖質
    ・糖質もごはんやパン、パスタ、イモ類などは多糖類、砂糖は二糖類、ブドウ糖や果糖は単糖類と分かれるが、いずれも食物として口から摂取されると、消化酵素によって最終的にはブドウ糖に分解されて吸収され、血液中に放出される
  4. 血糖値が上がりすぎないように、膵臓からインスリンが分泌され、余ったブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉の細胞に取り込む
  5. しかし、取り込める量には限界があって、さらに余ったブドウ糖は、中性脂肪に形を変えて脂肪細胞に取り込まれる
  6. これが肥満の原因

タンパク質と脂質がブドウ糖と結合してできる、AGE(終末糖化産物)という物質が、ありとあらゆる病気や老化現象につながっている

  1. ブドウ糖と酸素が結びつき、水と二酸化炭素とエネルギーが生産される過程で、酸素が原因の“酸化”と、ブドウ糖が原因の“糖化”が起きる
  2. 老化の原因には二つあって、一つが体の錆びつきである酸化、もう一つが糖化
  3. 血中の糖分が体内のタンパク質と結合すると劣化が進み、そこからAGEが生成され、皮膚や血管を傷める原因になる
    ・たとえば、AGEが皮膚のタンパク質に付着すると弾力性が失われ、たるみやシワの原因になる
  4. むしろ酸化より怖いのが糖化で、その際に生成されるAGEは、タンパク質や脂質を変性させる
    ・血管のタンパク質が変性すれば、動脈硬化を起こす
    ・酸化しても体内で還元される可能性がありますが、糖化すると元に戻らない

老化を防ぐための「NGな食べ物」とは

  1. 健康な人で、これを超える糖質は消費できず、老化を進めることになるという基準が、食後血糖値140
    ・要するに、140を超えた分は肥満の原因になる余ったブドウ糖
  2. おにぎりは1個食べただけで、140を超えるくらい上昇する
    おにぎりのようにまとまった量のご飯を食べると、血糖値はかなり上がる
    ・ご飯よりパンのほうが血糖値の上昇が穏やかだ
  3. 意外と盲点なのが寿司
    ・1貫あたり18グラム程度のシャリが使われているほか、味付けに酢だけでなく砂糖も使っているので、何貫も食べればかなりの糖質を摂ることになる
  4. 飲料に落とし穴がある
    ・オレンジジュースはコップ1杯だけで、血糖値が170くらいまで上がる
    ・缶コーヒーも砂糖の塊を溶かしたようなもので、微糖であっても避けたほうがいい
    ・飲料は消化吸収が速い分、急激な血糖値の上昇である“血糖値スパイク”を引き起こす
    ・同様の理由で、健康的なイメージがある野菜ジュースや、フルーツが入ったスムージーなども避けるべき
  5. その他のNG食べ物
    菓子パン
    ルーの小麦粉やジャガイモなど糖質が多いカレーライス

jirosukeの生活と意見

  1. 要するに、血糖値スパイクを起こしやすい食べ物はダメということですね?
  2. 老化防止観点からは、未来永劫ご飯はパンに劣るのでしょうか?
  3. もち麦ご飯や玄米も同じでしょうか?
  4. いろいろ分からないことがありますが、あまり神経質にならず「ゆるやかな糖質制限派」を貫徹するつもりです

関連記事

  1. 老化を防ぐ食べ物とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます