あなたは、アレルギー体質ですか?

  • jirosukeは、アレルギー体質とまではいきませんが、確実に「アレルギーを持って」います
  • 10年ほど前には毎年11月頃に喘息で悩まされました
  • 「イネ科の植物アレルギー」だったようです
  • 現在は喘息の症状がでなくなりましたが、代わりに定番のスギ花粉症になっています
  • ところが、食べ物や薬のアレルギーはないので、ひどいアレルギー体質というワケではありません

アレルギーに効く身近な食べ物を解説する記事に出会いましたので紹介します

花粉症はトマトジュース、喘息には珈琲が効く! アレルギーに負けない画期的な方法
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190203-00014357-jprime-life
引用:YAHOO!ニュース(週刊女性PRIME)

アレルギー専門医で池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師が解説します

アレルギーが増えている原因

清潔な衛生環境

  • 免疫は大きく分けて2種類ある
  • 細菌やウイルスと闘うもの、それからアレルギー反応を起こさせる物質と闘うもの
  • 衛生環境が過剰なほどよくなったことで両者のバランスが崩れ、後者が過度に働くようになった
  • そのためアレルギーを増加させた

室内環境の変化

  • 室内が1年を通して高温多湿になっている
  • 住まいの気密性が高まり暖かくなったうえ、冬には加湿器が使われる
  • 人が住みやすい環境である室温20~25度、湿度60%程度の部屋は、アレルギーの原因であるカビやダニにとってもまた住みやすい環境なのだ
  • 近ごろは室内でペットを飼う人も珍しくない
  • ペットの毛も、アレルギーの原因物質のひとつ

身近な食品にアレルギーへの予防効果が見込まれている

花粉症の場合、トマトジュースやヨーグルト、柑橘類のジャバラに有効性を認める報告がある

  • トマトジュースに含まれるリコピンは症状を抑制するという報告がある
  • ヨーグルトは免疫バランスを整えてくれる
  • ジャバラに含まれるナリルチンは、抗酸化作用のある色素・フラボノイドの一種で、抗ヒスタミンというアレルギーを抑える成分

喘息にはコーヒーの効果が期待できる

  • カフェインに気管支拡張作用がある
  • 1日3杯以上の飲用で症状が28%低下したという報告もある

jirosukeの生活と意見

  • トマト本体とヨーグルトは毎朝食べています
  • コーヒーも毎日1~2杯飲んでいます
  • だからといって、アレルギーはOKというワケにはいきませんよね?
  • ただ、スギ花粉症の症状もさほど深刻な状態ではないので、まあ良しとしましょう
  • そこで、ジャバラを注文し早速飲んでみました

ジャバラ果汁を飲んでjirosukeの詠める

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます