あなたは、以下の内でどんな人ですか?

  • 警備員になることはないけれど、どんな仕事か知っといて損はないだろうと考えている
  • 警備員の仕事に興味を持っている
  • 警備員になるつもりでいる
  • 今、警備員だが、jirosukeの野郎が、どこまで警備業務を把握しているか興味がある

jirosukeは、今まで施設警備員として2つの現場しか経験したことがありませんが、警備員の勤務形態について説明させていただきます

勤務時間は、いつも同じタイプ

  1. 日中の勤務か、夜勤にせよ勤務時間帯に変化がありません
  2. 初めて、警備員の仕事をしたときは、某大学の某学部の夜間巡回業務でした
  3. 夜8時から翌朝5時までの間に3回巡回する仕事でした
  4. 一応、夜勤となります

勤務時間が日によって異なるタイプ

  1. 別名シフト勤務と言います
  2. 例えば、現在jirosukeの職場がそれです
  3. 以下の3種類の勤務形態があります
  4. まずは、午前8時~翌朝8時までの勤務です(仮にA勤務と呼びます)
    ・24時間拘束されます
    ・24(ニイヨン)とか当務などと呼ばれています
    ・日勤+夜勤とも言えますね
  5. つぎに、午後5時~翌朝8時までの勤務です(仮にB勤務と呼びます)
    ・夜勤です
  6. つぎに、午前8時~午後5時までの勤務です(仮にC勤務と呼びます)
  7. この職場では、本日の午前8時~午後5時まではA勤務者とC勤務者が、午後5時~翌朝8時まではA勤務者とB勤務者がそれぞれ勤務しています

簡単ですが、以上が警備員の基本的な勤務形態です

もし、あなたが警備員の経験がなければ、以下の3点を知りたいかもしれませんね

  1. 夜勤って大変じゃないの?
  2. シフト勤務って大変じゃないの?
  3. 24時間拘束されるって大変じゃないの?

正解は以下のようになります

  1. すべては、現場によって違う
  2. 1回やってみなければ、分からない

これでは、あまりにも不親切ですので、夜勤のあるシフトで24時間拘束されるケース(上記A勤務者のケース)で留意すべき点を考えてみましょう

夜間の仕事は?
  1. 寝る暇がないほど忙しいか?
  2. ほとんど、やることがないか?
寝る環境はどうなっているか?
  1. 寝る場所は?
    ・ソファ?畳部屋に布団を敷いて?など色々あります
  2. 寝る時間は?
    ・仮眠でしかも短時間のつぎはぎか?
    ・5~7時間のまとまった睡眠時間がとれるか?
日中の休憩時間は充分確保できるか?
  1. 日中も休む間もないくらい忙しいか?
  2. 日中はほとんどやることがないのか?

今回は以上です

夜勤を含むシフト勤務をする場合のメリット、デメリット、健康上の留意点については別の機会にお話しさせていただきたいと思います

関連記事

この仕事 トイレの心配 したくない



高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます