歯科用ユニットメーカーの営業として、東京で活躍していた頃の【いびき】の話です

  • 妻に言わせると「ほとんど毎日いびきをかいていた」らしいです
  • 「ガーッ」と、うなってから急に息が止まってしまう状態だったと・・・
  • 仕事では、よく、山手線を利用していました
  • 要件を済ませて、山手線に乗り込み、そのまま眠り込んでしまうことがよくありました
  • 眠くて眠くてしょうがなかったんです
  • 山手線3周廻っている間、ずっと寝ていたということもザラでした

当時、高血圧で医者に通っていました

  • 先生に「睡眠時無呼吸症候群かも知れないから、帝京大学医学部附属病院で1泊の検査を受けな!」といわれ、指示に従いました
  • 結果は、立派な睡眠時無呼吸症候群でした

 

「いびきには大変なリスクがひそんでいるから気をつけな!」という記事を紹介します

いびきで高血圧、糖尿病、認知症リスクまで!病院に行くべきこれだけの理由
引用:YAHOO!(ダイヤモンド・オンライン)
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00204712-diamond-soci

この記事を要約すると以下のようになります

いびきの原因

  • いびき音は、のどちんことも呼ばれる口蓋垂と、その周囲が振動することで発生する
  • 口蓋垂の大きさには個人差があり、一般的に口蓋垂が長い人はいびきをかきやすい
  • 肥満気味の人は気道が狭いために口蓋垂が振動しやすく、いびきをかきやすくなる
  • 狭い気道を通過する呼吸のスピードは自然と上がり、ゆえに口蓋垂が振動しやすくなり、いびきが発生する
  • 口蓋垂の形は体質なのでやせ形の女性でもいびきをかくことは往々にしてある
  • 適正な高さの枕を使っていないこともいびきの原因になる
  • 酒を飲んで筋肉がゆるみ、舌が自然と下がり気道を狭くする場合も、いびきの原因となる

 

いびきの恐ろしいリスク

  • あれだけ大きな音を常に出すわけだから、いびきは体力を使う行為
  • 睡眠中にいびきをかくとそれだけ身体にストレスがかかり、血圧が上がってしまう
  • そのストレスを和らげるために分泌されるステロイドホルモンは、出過ぎると血糖値を上昇させる作用を持つ
  • つまり、いびきをかき続けていると、糖尿病を引き起こす可能性がある
  • 睡眠時無呼吸症候群にいたっては、酸素の供給が一時的に止まることで脳が酸素不足になるというダメージが蓄積され、認知症のリスクを高める
  • いびきをかくことで就寝中も体はしっかり休めず、それが翌日の眠気や集中力の低下につながる
  • 身体がだるいから気分も落ち込む
  • いびきを放っておくと、うつ病や不安障害などの合併率も高いことが調査でわかっている
  • いびきで体力を使ったことは、起床時や夜中に起きたときの空腹感となって返ってくる
  • 空腹感が肥満を生み、いびきを悪化させるという悪循環にはまってしまう人も少なくない

 

いびきの対策

枕の高さを改善する

  • 高いサイズの枕を使用していると、首が曲がるので気道が狭くなる
  • いびき防止のためには寝やすい枕ではなく、横向きで寝たときに背骨がまっすぐになるぐらいの、大体10センチ程度の高さの枕で眠ることが理想


楽天

フランスベッド 横向き寝枕 Sleep Vantage(スリープ バンテージ) グリーン
amazon

レーザー手術によるいびき治療

  • 口蓋垂周辺を切り広げるレーザー手術は、最も迅速かつ効果的な方法だと銀座コレージュ耳鼻咽喉科の都筑俊寛先生が言う
  • レーザーで音源である口蓋垂の周辺部分を切って広げることで振動しにくくなり、いびきがなくなる、または軽減される
  • 手術といっても日帰りで、かかる時間は10分程度。痛みや出血も少なく、保険診療で行える
  • 手術後の痛みは個人差があるが、大体2週間程度で収まり日常生活に支障は出ないという

身体をスリムにする

  • やっぱり一番いびきをかきやすい人は太っている人
  • そのためにはダイエットも必要

 

jirosukeの生活と意見

  • え?「テメエの睡眠時無呼吸症候群はどうなった?」ですって?
  • 大腸がんを経験して、治りました
  • 大腸がん手術後の「規則正しい生活」「3か月以上の断酒」「糖質制限の厳守」で、体のスリム化に成功しました
  • そして、高血圧が低血圧気味になりました
  • 長年続いた、降圧剤の投薬もなくなりました
  • いびきも克服しました
  • 「睡眠時無呼吸症候群も治った」と担当医からお墨付きをもらいました
  • 大腸がんで死の恐怖と闘いながら、いびきがもたらす「恐ろしいリスク」を克服したのです
  • 晴れてアルコールも解禁しました
  • 糖質制限の観点から、ワインと焼酎だけですが
  • すこしですが、太りました
  • しかし、幸福は長く続かないものですね
  • 妻が、イヤな報告をしてきたのです
  • 「最近、いびきをかき始めたよ!前みたいに呼吸が止まるようなことはないけど」
  • やれやれ
  • そこで上記枕を購入した次第です
  • それから、いびきをかいていないようです

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます