老化イヤ! 白い主食を 控えます

jirosukeは、「ゆるやかな糖質制限派」に属しています

  • 糖質制限というのは、単にダイエットの方法の一つではありません
  • 偉大な健康法なんです
  • かと言って、それを理路整然と説明できるわけではありません
  • せいぜいjirosukeができることは、敬愛する医者の言っていることを紹介することなんです

 

79歳、東京医科歯科大学名誉教授、医学博士の藤田 紘一郎先生が「白い主食を控えな!」と言っている記事を紹介します

ご飯、パン、ラーメン、「白い主食」は老化の一因になる|『人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法』
引用:YAHOO!ニュース(サライ.jp)
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00010000-seraijp-life

この記事を要約すると以下のようになります

老化の原因として、もっとも恐いのは「糖化」

  • 糖化とはたんぱく質に糖質が結びつき、たんぱく質が劣化する反応のこと
  • 私たちの身体はほとんどがたんぱく質でできている
  • 身体のたんぱく質に糖質が結びつくと、体内の熱を使って反応が進み、「シッフ塩基」という物質ができる
  • 「シッフ塩基」に、さらに糖が結びつくと「アマドリ化合物」というたんぱく質に変質する
  • このアマドリ化合物までなら、糖の濃度(血糖値)を下げれば、もとの正常なたんぱく質に戻すことができる
  • しかし、ある程度の期間、アマドリ化合物が高濃度の糖にさらされてしまうと、本来のたんぱく質とは似ても似つかない、「糖とたんぱく質の化合物」がつくられてしまう
  • 「AGE(終末糖化産物)」である

AGEは、身体の老化を早める最悪の元凶である

  • 一度生まれたAGEは、決してもとのきれいなたんぱく質に戻らない
  • 身体のいたるところで老化を引き起こし、ボロボロにしていく

 

では、糖化をコントロールするためには、具体的にどうすれば良いのか?

  • 糖質を大量に含むものを、できるだけ食べないこと!
  • 糖質は、私たちの主食となる穀類に多く含まれる
  • とくに糖化を進めやすいのは、食物繊維をきれいにそぎ落とした白い主食である
  • 白米、パン、麺類など

このような白い主食は、腸での消化吸収が早く、血糖値を急激に高める

  • 食事のたびに白い主食を大量にとってしまうと、糖化が急速に進んでしまい、老化の原因であるAGEを増やすことになりかねない


楽天

人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法 (光文社新書)
amazon

 

関連記事

 

jirosukeの生活と意見

  • 白い主食は控えています
  • パンやめん類は元々多くは食べていません
  • 緩やかな糖質制限派のjirosukeとしては、極端に白い主食をカットすることはありません
  • そのかわり、茶色の主食や水溶性食物繊維を摂るようにしています
  • 具体的には白米に発芽玄米もち麦を混ぜて食べています
  • まずは、便秘の解消が人生の主目的ですからね

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます