jirosukeの母は、60歳代から80歳代までは適正体重を維持してきたと思います

  • そのころの母の口癖です
  • 「私は、女学校の頃は丸々と太っとったんだよ」
  • 「キューピーというあだ名だったでね~」
  • 90歳ころから、痩せ始め、認知症になりました
  • 晩年は、ものすごく痩せた体になり93歳の時、がんで亡くなりました
  • 痩せたから、認知症やがんになったのか?
  • 認知症やがんになったから、痩せたのか?
  • それは分かりませんが、それ以来「痩せたくないよ~!」と思うようになりました
  • 「無理してダイエット」など、もってのほかと考えるようになったんです
  • 「下腹が出ててもいいじゃないか」と

geralt / Pixabay

「やっぱり、痩せ型の人は認知症になりやすいよ!」と主張する記事に遭遇したので紹介します

痩せ型の人は認知症になりやすい 65歳を過ぎたら注意
引用:YAHOO!ニュース(NEWS ポストセブン)
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00000001-pseven-life

この記事を要約すると以下のようになります

「英・ロンドン大学を中心とする研究グループが2015年、同国の医学誌で『痩せ型の人は認知症発症リスクが高い』と発表した

  • 調査では、40歳以上の英国人約196万人の医療データを解析
  • BMI(体格指数。「体重kg÷身長mの2乗」で算出)が20未満の『痩せ型』は、同20以上25未満の適正体重の人より認知症発症リスクが34%も高かった

日本認知症学会専門医で神奈川歯科大学附属病院の眞鍋雄太医師が解説する

  • 健康で標準体重を維持してきた人が、直近の数年で痩せてきた場合は、認知症を発症するリスクが高くなっている
  • 認知症の原因の多くを占めるアルツハイマー病は、脳にアミロイドβという物質が沈着することで起こる
  • その場合、発病の1年前くらいから体重の減少が認められるという研究論文がある

 

ワシントン大学医学部「アルツハイマー病研究センター」の2006年報告

  • 449人の高齢者(65歳以上)を平均6年間追跡調査した
  • 認知症でない人の体重は年間約0.27キロ減ったのに対し、アルツハイマー型認知症を発症した人は体重減少がその倍になった

上記、眞鍋雄太医師が解説する

  • 痩せている人はアミロイドβの蓄積量が多くなる傾向があると感じている
  • 適正な血圧であれば、アミロイドβは脳から排出されるが、筋肉が減り、痩せて活動性が落ちると血圧が上がることがあり、そのせいでうまく排出できなくなる可能性が考えられる

 

まとめ

  • 65歳を過ぎたらメタボだけでなく、痩せすぎにも気を付ける必要がある

 

jirosukeの生活と意見

  • 「ゆるやかな糖質制限」生活を送っている限り、今から肥満になることはないと考えます
  • それよりも、自然体でいる限り食事の量は減っていくと思われます
  • 従って、中高年が恐れるべきは「急激に痩せること」じゃないでしょうか?
  • ダイエットなど、やってる暇はないです
  • 急激に痩せれば、すぐ病院に駆け込む必要がありそうです
  • 認知症になる前に、適正体重を維持するよう努めます

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます