あなたは「最近、物忘れがひどいな」と思うことは、ありませんか?

jirosukeは、しょっちゅうです

ジェスチャーをしながら、「あれ」とか「これ」と言いながら、時間稼ぎをしているのですが結局言葉がでてこないことは、よくあります

  • 以前の、頭脳明晰な頃は、そんなことをするまでもなく、スムーズに会話ができたんですけどね
  • 74歳の警備員仲間で、まさに言葉が中々出てこない人がいます
  • 「早く、結論を言えよ!結局おみゃ~は、何が言いたいんだ?」と思っていましたが
  • 自分もそんな身分になってしまったんですね!!

 

「物忘れがひどい時の対策を教えたるわ~」という記事に遭遇しました

40代から増える「もの忘れ」を軽視できない理由
引用:YAHOO!ニュース(東洋経済オンライン)
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190803-00292399-toyo-bus_all

この記事を要約すると以下のようになります

  • 老年精神科医として、これまで多くの患者を診察してきた和田秀樹氏が解説します

 

男性は40代から男性ホルモンが目立って減り始める

男性ホルモンが減ると同時に「もの忘れ」が増え、記憶力が落ち始めていく

それをチェックする「老化度テスト」は以下の通り
  1. 最近、お腹がでてきたか?
  2. 性欲や勃起力(男性の場合)は衰えてきたか?
  3. 夕食後に眠くなるか?
  4. イライラしたり、不安やもの悲しさを感じたりするか?
  5. 体力は低下しているか?筋肉は衰えてきたか?
  6. 夜中にトイレに行く回数が増えたか?
  7. 昼間や仕事中に疲れやすいか?
  8. ここ近年、胸が大きくなったか?
  9. 頭髪が薄くなってきたと感じるようになったか?
  10. 最近、顔色が悪くなってきたか?

(『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』より)

  • 「6個以上」のチェックがついたら、「男性更年期障害」の可能性がある
    ・食生活、ホルモンバランス、運動など、具体的対策について、すぐにでも医師に相談したほうがいい
  • 女性も、「3個以上」のチェックがついたら、やはり日々の生活の見直しを今日から考えるべき

 

女性は、男性とは逆に「年齢とともに男性ホルモンが増えてくる」ということが、最近わかってきた

東日本大震災の被災者などの後遺症を調査するなかで、「ホルモンがどのように増減しているか」というテーマを研究した人がいて、その結果、「女性は40代、50代、60代と、男性ホルモンが増えている」ということがわかった

これが、「女性は、男性とは逆に年齢が高くなるほど『人づきあい』に積極的になる」という現象につながっている
  • 60代、70代の男性は、「友達と温泉旅行に行きたい」とはあまり思わなくなる
  • 女性は、まったく逆の傾向を示す
  • 人づきあいもよくなり、意欲もモリモリと増加する

 

男性ホルモンが減ると、いろいろな意欲が落ちるので、多方面に影響が出る

  • 性欲だけでなく、仕事を続けている人なら、仕事のうえでの意欲が減退する
  • 異性に興味がなくなるだけでなく、「人間に興味がなくなる」というのは困りもの
  • 近所づきあいも減る
  • 40代を過ぎて人づきあいがおっくうになってきたら、それは男性ホルモン減少の影響かもしれない

 

心の老い 感じた時の 対策は

「心の老い」を自己分析し、現状を把握したら、「予防と対策」を考えよう

  • 和田先生の著書『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』では、感情老化、男性ホルモン、うつ病……などの状態を測るテストやチェックリストを紹介している
  • そういったツールを活用しよう

あえて、外に出よう

  • 何らかの「ボケの兆候」が見られたとき
  • いちばんよくないのは、本人が「少しボケてきたみたいだから、外出を控えるか」と考えたり、家族など周囲の人が「道路は危ない。心配だから外に出ないほうがいい」といって家の中に閉じ込めること
  • 多少ボケてきた場合でも、あえて外に出させることが重要
  • どんどん外に出して歩いたり、近所の人と話したり、活動したりして刺激を与えることが、ボケの進行を遅らせることにつながる

「かくあるべし症候群」にも気をつけよう

  • 「もういい年なのだから」とか、「この年齢の人は、こういう人間であるべきだ」「こういう人格であるべきだ」と型にはめて行動を縛ってしまうと、どうしてもストレスが生じる
  • そんな無用なストレスを生じさせないためには、家族の理解が必要
  • 家族がそれを理解しないと、ボケ状態は静かに進行してしまう

 

まとめ

  • 人は年齢を重ねれば脳の老化や萎縮は必ず生じる
  • 自分もいつかはボケるのだな、と考えておくことが大切

 

jirosukeの生活と意見

この記事は「ボケはじめた本人」と「その家族」に向かって書かれています

妻にも是非読んでもらいたいです

  • 先日、jirosukeは、車をバックさせる際、建物にぶつけてしまいました
  • サンダルを履いて運転していたのがマズかったですね
  • 後輪が車止めに乗り上げそうになり、動転してブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったんです
  • マズいことに、妻も同乗していました
  • 彼女も動揺しつつ「もう、免許証を返上したら!車の維持費も大変だし、ブツブツブツブツ」
  • jirosukeは、「いや、まだまだ俺はヤレる、サンダルさえ履いてなきゃこんなことにはならなかったんだ」と思いましたよ
  • しかし、口からは「そうだよな。これからは、電動自転車に乗らなかんな」という言葉が出てきたんです
  • 「こうやって、俺もボケていくんだろうな」と、妙に冷静になった自分がそこにいました

そして、ふと、気付いたんです

  • 「いや、妻は俺が心配なんだ、俺をとことん愛しているからこそ、そういう言葉が出るんだ」
  • 二人の、新しい愛のステージが始まろうとしています
  • ボケてる暇は、ないんです!!


楽天

「脳が老化」する前に知っておきたいこと
Amazon

高収入 稼げる仕事や バイトなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

名古屋市西区に生まれる 名古屋市立大学経済学部卒業 愛知県外の地方都市在住 都市銀行勤務 医療機器メーカー勤務で定年 今は警備員やってます